トピックス

ケビン・デュラントのリハビリに、ネッツ指揮官は「世話を焼きたくない」

ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントはアキレス腱のリハビリに取り組んでいますが、1月18日(日本時間19日)に行われたミルウォーキー・バックス戦の数時間前、バークレイズ・センターで激しい運動をしました。

具体的には、試合開始の5時間前にネッツのトレーナーと共に、敏捷性を必要とする練習を25分間していたようです。



しかし、だからといってデュラントが今シーズン中に復帰できることを示唆するものではありません。

『New York Post』のブライアン・ルイス氏によれば、ネッツのケニー・アトキンソン・ヘッドコーチは、デュラントの今シーズン中の復帰について「あり得ない」と語りました。

「(デュラントの状態が)どの段階にあるか教えることはできないが、彼がここに居るのは素晴らしいことだ。(リハビリは)徐々に進んでいるよ」

そもそも、デュラントがバークレイズ・センターで見せた激しい運動は初めての取り組みではなく、トレーニングセンターに居た時からやってきたことでした。

そのため、アトキンソンHCは次のように語ります。

「彼はリハビリに集中しているから、あまり世話を焼きたくない。彼は影で取り組むのが好きな男なんだ。注目されることは嫌うけど、全力で取り組んでいるよ」

また、アトキンソンHCはデュラントの存在についても、次のように語りました。

「たとえ彼がプレイしていなくても、彼がロッカールームに入ってくるだけで、我々は自信を持つようになる。私は、彼と試合の話をしたり、リーグで起こっていることの意見を聞くのが楽しいね。我々は彼が大好きだ。彼がいつも側に居てくれるのは、素晴らしいことだよ」

デュラントの復帰はおそらく来シーズンになりそうですが、既に彼はチームに大きな自信を与えているようです。

[kanren postid="17194,16889"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS