トピックス

ヤニス・アデトクンボ「勝てないチームは無い」

今シーズンのミルウォーキー・バックスはここまで39勝6敗でリーグ最高勝率を記録しており、シーズン70勝も見込めるペースで勝ち続けています。

そのため、彼らのコメントからも、チームに対する自信を感じ取ることができるでしょう。

『The Athletic』のマイケル・リー氏によれば、バックスのヤニス・アデトクンボはこうコメントしました。

「このリーグには、僕たちが勝てないチームは無いと思う」



バックスは今シーズン、既に13試合で20点差以上をつけて勝利しており、ネット・レーティング(100ポゼッションあたりの得失点差)でもリーグ2位のロサンゼルス・レイカーズ(7.5ポイント)を大きく離して12.0ポイントを記録していることを考えれば、アデトクンボのコメントが冗談に感じないとしても不思議ではありません。

バックスのマイク・ブーデンホルザー・ヘッドコーチは、「このチームには集中力と目的があると思う」と語ります。

「このグループには大きな目的があると思う。ロスターの上から下まで、競争力のある選手や、プロフェッショナルな選手が居て、我々はとても恵まれているよ。(ゼネラルマネージャーのジョン・ホルスト氏は)素晴らしい仕事をしてくれた。我々は完璧では無いが、全体的に見れば見事なグループだ」

バックスのクリス・ミドルトンは、次のように語ります。

「昨シーズンは最高勝率を記録した。だけど、レギュラーシーズンで良くても優勝できないことに気付いたから、僕たちはまだまだ成長していく。僕たちは競争を続け、もっと良いプレイをしたい。素晴らしいレギュラーシーズンがあったからといって、プレイオフを勝ち抜くことはできないんだ」

[kanren postid="17176,17051"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS