トピックス

ウルブズへトレードされた心境を語ったアレン・クラブ「確かにショックは受けた」

先日、アトランタ・ホークスからミネソタ・ティンバーウルブズへトレードされたアレン・クラブは、若い選手の多いホークスでは27歳と少し年齢が高く、今シーズン限りで契約が切れるということもあって、自身がトレードされたことに理解を示しています。



『The Star Tribune』のクリス・ハイン氏によれば、クラブは自身がウルブズへトレードされた心境について、次のように語りました。

「驚いたよ。それまで何も聞かされていなかったからね。確かにショックは受けた。だけど、トレードされるのは初めてではない。これもビジネスだ。やることは、荷物をまとめ、新たなチームへ行き、仕事をするだけさ」

クラブは過去にも2度、ポートランド・トレイルブレイザーズからブルックリン・ネッツへ、ネッツからホークスへトレードされてきました。

そして今シーズンは自身3度目のトレードを経験し、キャリア7年目にして4チーム目となるウルブズへ移籍しています。

クラブがウルブズへどのような影響を与えるかは不明ですが、彼は自身のスキルがチームと完全にフィットすると感じていると語りました。

「理想的だよ。彼らは3ポイントシュートを打つことを好んでいて、僕も3ポイントシュートを打つのが大好きだ。だから、これ以上に求めるものは無いね」

クラブは今シーズン、平均5.0得点、3ポイントシュート成功率32.3%を記録しています。

[kanren postid="17182,17228"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-, ,

© 2021 NBA TOPICS