ニックスにドラフトされることを望んでいたステフィン・カリー

出典:streetstalkin.com

ステフィン・カリーは、ゴールデンステート・ウォリアーズで3度のNBAチャンピオン、2度のシーズンMVP、5年連続ファイナル進出など、まさに栄華を極めてきたとも言えるでしょう。

 

しかし、もし全てがカリーの思い通りになっていたとしたら、彼がウォリアーズに居ることはなかったかもしれません。



『ALL THE SMOKE』のポッドキャストに出演したカリーは、2009年のドラフト当時、自身がウォリアーズではなくニューヨーク・ニックスに指名されたがっていたことを明かしました。

 

「グリーンルームで、”ああ、全体8位で指名されればニューヨークに行けるぞ”って思っていた。そしたら、(当時のウォリアーズGMである)ラリー・ライリーから電話がかかってきたんだ。”私たちが全体7位で君を指名するよ”ってね」

 

当時のウォリアーズは、直近15年間で一度しかプレイオフに進出できなかった”暗黒時代”のようなものを経験していました。

 

しかしその後、彼らは2011年にクレイ・トンプソン、2012年にはドレイモンド・グリーンらを指名することによって、勝利の習慣というものを築き上げていきました。

 

当時ニューヨークへ行きたいと考えていたカリーの考えは、とっくに変わっています。

 

彼はこう言いました。

 

「僕はどこにも移籍したくない。ベイ(エリア)が大好きなんだ」



ちなみに、ニックスは2009年のドラフトでジョーダン・ヒルを全体8位指名しました。

 

ヒルは24試合をプレイした後にヒューストン・ロケッツへトレードされ、代わりにニックスはトレイシー・マグレディを獲得しました。

 

 

若い選手を支えるステフィン・カリーとクレイ・トンプソンの”おふざけ”や”称賛”

2020-01-14

クリッパーズの関心も、マーカス・モリスは「ここに居たい」

2020-01-06

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!