カワイ・レナードやポール・ジョージの”優遇措置”に、チームメイトは不満?

昨年の夏に移籍したカワイ・レナードとポール・ジョージが、ロサンゼルス・クリッパーズの新時代を先導する存在であることは、紛れもない事実です。

彼らの加入によって、クリッパーズはウェスタン・カンファレンスの上位争いができるようになっただけでなく、優勝候補としても考えられるようになりました。

しかし、私たちが目に見えていないところでの雰囲気は、見た目ほど良いものではないのかもしれません。



『The Athletic』のジョバン・ブハー氏とサム・アミック氏は、2人のスーパースターへ対する組織の優遇措置に、不満を持っているチームメイトが複数人居ると伝えました。

関係者によれば、コートの外では、レナードとジョージに与えられている組織の優遇措置に、苦悩しているチームメイトも居るという。ただ、こうしたスーパースターへの扱いは、NBAで一般的なことだ。代表例として、レイカーズではレブロン・ジェームズが大きな発言力を持っており、フランク・ボーゲル・ヘッドコーチと共に、練習やシュートアラウンドのスケジュールを調整している。

リポートによると、今シーズンの初めに予定された練習がレナードの意思によってキャンセルされ、練習をしたがっていた何人かのチームメイトが動揺したこともあったようです。

何人かのチームメイトは、今に至るまで「チームがハードに練習しているとは思えない」ことにも腹を立てていると伝えられました。

しかし、これらもリーグでは珍しいことではありません。

あらゆるチームは、スーパースターを中心に練習、ミーティング、トレーニングを行っています。

選手がチームに与えている影響力を考えれば、それは当然のこととも言えるでしょう。

この情報の真偽はまだ不明であるため、クリッパーズが”優遇措置”という問題に対処しなければならないかどうかは分かりません。

しかし、スーパースターに対して”優遇措置”が取られることが一般的であることを考えると、他のチームにも不満を抱いている選手が居たとしても、おかしな話ではないでしょう。

[kanren postid="17143,17062"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-
-

© 2021 NBA TOPICS