カワイ・レナードやポール・ジョージの”優遇措置”に、チームメイトは不満?

blank

出典:extremodeportes.com

昨年の夏に移籍したカワイ・レナードとポール・ジョージが、ロサンゼルス・クリッパーズの新時代を先導する存在であることは、紛れもない事実です。

 

彼らの加入によって、クリッパーズはウェスタン・カンファレンスの上位争いができるようになっただけでなく、優勝候補としても考えられるようになりました。

 

しかし、私たちが目に見えていないところでの雰囲気は、見た目ほど良いものではないのかもしれません。



『The Athletic』のジョバン・ブハー氏とサム・アミック氏は、2人のスーパースターへ対する組織の優遇措置に、不満を持っているチームメイトが複数人居ると伝えました。

 

関係者によれば、コートの外では、レナードとジョージに与えられている組織の優遇措置に、苦悩しているチームメイトも居るという。ただ、こうしたスーパースターへの扱いは、NBAで一般的なことだ。代表例として、レイカーズではレブロン・ジェームズが大きな発言力を持っており、フランク・ボーゲル・ヘッドコーチと共に、練習やシュートアラウンドのスケジュールを調整している。

 

リポートによると、今シーズンの初めに予定された練習がレナードの意思によってキャンセルされ、練習をしたがっていた何人かのチームメイトが動揺したこともあったようです。

 

何人かのチームメイトは、今に至るまで「チームがハードに練習しているとは思えない」ことにも腹を立てていると伝えられました。

 

しかし、これらもリーグでは珍しいことではありません。

 

あらゆるチームは、スーパースターを中心に練習、ミーティング、トレーニングを行っています。

 

選手がチームに与えている影響力を考えれば、それは当然のこととも言えるでしょう。



この情報の真偽はまだ不明であるため、クリッパーズが”優遇措置”という問題に対処しなければならないかどうかは分かりません。

 

しかし、スーパースターに対して”優遇措置”が取られることが一般的であることを考えると、他のチームにも不満を抱いている選手が居たとしても、おかしな話ではないでしょう。

 

blank

ポール・ジョージがクリッパーズへ移籍した一番の理由

2020-01-16
blank

クリッパーズはレイカーズよりも有利な立場にある?

2020-01-11

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!