コービー・ブライアントのキャリアのハイライト、偉業を振り返る

blank

出典:hypebeast.com

NBAのレジェンドである41歳のコービー・ブライアントや、彼の13歳の娘であるジアナを含めた計9人が、カリフォルニア州カラバサスで起きたヘリコプター墜落事故により命を落とし、NBAに限らず全世界に計り知れないショックを与えました。

 

ブライアントはロサンゼルス・レイカーズで20年間に渡ってプレイし、歴代通算4位となる33,643得点をはじめ、数々の偉業を達成し、レガシーを遺しました。

 

偉大なレジェンドの、あまりにも突然かつ悲痛な死に言葉を出すのもやっとですが、せめて、ここではブライアントがNBAで魅せてきたキャリアのハイライトや、偉業を振り返りましょう。



NBA『デビュー』

NBAドラフトでシャーロット・ホーネッツが全体13位でブライアントを指名した後、彼はレイカーズへトレードされました。

 

1996年11月3日にデビュー戦を迎え、その試合は6分間でフィールドゴール1本中0本成功の無得点に終わったものの、当時では18歳と72日で史上最年少となるNBAデビューを果たしました。

 

『王朝』の始まり

2000年6月4日に行われた、ポートランド・トレイルブレイザーズとのウェスタン・カンファレンス決勝第7戦――。

 

ブライアントはシャキール・オニールと共に最大16点のビハインドをひっくり返し、チームを勝利に導きました。

 

ブライアントの”王朝”の幕開けを告げるに相応しい試合だったと言えるでしょう。

 

 

キャリア最初の『NBAファイナル』

ブレイザーズ戦で印象的な盛り返しを見せた数週間後、ブライアントはキャリア最初のNBAファイナルでインディアナ・ペイサーズと対戦し、5度のうちの最初の優勝を経験しました。

 

史上最年少『30,000』得点到達

2012年12月7日に行われたニューオーリンズ・ホーネッツ戦――ブライアントは前半にジャンプショットを沈め、NBA史上最年少となる通算30,000得点に到達しました。

 

 

相手チームの総得点を『上回っていた』

ブライアントが自身の1試合の最多得点記録を確立する1ヶ月前――2005年12月20日のダラス・マーベリックス戦で、ブライアントはとんでもない記録を叩き出していました。

 

第3クォーターが終わった時、マーベリックスが計61得点を記録していたのに対し、ブライアントは一人で62得点を記録していたのです。

 

 

1試合『81』得点

2006年1月22日のトロント・ラプターズ戦――ブライアントはフィールドゴールを46本中28本成功、フリースローを20本中18本成功させ、1試合で81得点を記録しました。

 

これは1962年にウィルト・チェンバレンが記録した1試合100得点に次ぐ歴代2位の記録であり、今なおブライアントの記録は破られていません。

 

 

史上最年少での『オールスターゲーム先発』

キャリア2年目を迎えた1998年に、ブライアントはオールスターの先発に選ばれました。

 

19歳と170日でのオールスター先発は、史上最年少です。

 



4試合連続『50』得点以上

2007年3月、ブライアントはブレイザーズ戦で65得点を記録すると、立て続けにミネソタ・ティンバーウルブズ戦で50得点、メンフィス・グリズリーズ戦で60得点、オクラホマシティ・ホーネッツ戦で50得点を記録しました。

 

 

オールスター出場回数『15』回

ブライアントの15回のオールスター出場は、カリーム・アブドゥル・ジャバーの18回に次いで、ティム・ダンカンと並んで歴代2番目に多い数字です。

 

 

オールNBA1stチーム選出回数『11』回

ブライアントの11回のオールNBA1stチーム選出は、レブロン・ジェームズの12回に次いで歴代2番目に多い数字です。

 

オリンピックでの『第4クォーター』

2008年のオリンピック――決勝のスペイン戦で金メダル獲得のために一役買ったのは、カーメロ・アンソニーでも、ドウェイン・ウェイドでも、クリス・ポールでも、レブロン・ジェームズでもなく、当時のアメリカ代表で最年長だったブライアントでした。

 

ブライアントは第4クォーターだけで、20得点のうち13得点を記録したのです。

 

また、ブライアントは2012年のオリンピックでも金メダルを獲得しました。

 

 

『アキレス腱断裂』しながらもフリースロー成功

2013年4月12日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦――ブライアントはアキレス腱断裂に苦しみながらも、コートを離れる前にフリースローラインに立ち、2本のフリースローを成功させました。

 

レイカーズは118-116で接戦を制し、ブライアントはこの試合で34得点を記録していました。

 

 

記憶に残る『引退試合』

2016年4月12日に行われたユタ・ジャズ戦は、ブライアントの引退試合でもあり、全てのNBAファンの記憶に残った試合となったことでしょう。

 

ブライアントはフィールドゴールを50本中22本成功させて60得点を記録し、チームを逆転勝利に導きました。

 

 

ブライアントが送った『リスペクト』

ヘリコプター墜落事故が報じられる前日の夜――自身の通算得点をレブロン・ジェームズが抜いたことについて、ブライアントはTwitter上でジェームズにリスペクトを送りました。

 

これからもバスケットボールを進化させ続けてくれ。ブラザーに多大な敬意を



ブライアント亡きこれからも、彼の偉業や、レガシーを後世に伝えていきたいものです。

 

NBAにとって、ブライアントは永遠に必要な存在であり続けるでしょう。

 

blank

コービー・ブライアント氏が語る、アメリカ代表が勝てなかった理由

2019-09-14
blank

レイカーズに長年務めたトレーナーが語る、コービー・ブライアントは「最も才能のある男ではない」

2019-08-26
blank

コービー・ブライアントがウォリアーズに与えた”マンバメンタリティ”

2019-04-15
blank

【NBAヒストリー Vol.4】”ブラックマンバと呼ばれたレジェンド” コービー・ブライアント

2018-03-26

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!