トピックス

ウォリアーズのフランチャイズ資産価値は、ニックスやレイカーズを上回る?

『Forbes』によれば、ゴールデンステイト・ウォリアーズの2020年のフランチャイズ資産価値は43億ドルで、これはNBA全体の3位にランクインされました。

そしてウォリアーズを上回っていたのが、1位のニューヨーク・ニックス(46億ドル)と、2位のロサンゼルス・レイカーズ(44億ドル)です。



しかし、『The Athletic』のビル・シェア記者によれば、ウォリアーズのオーナーであるジョー・レイコブ氏は、ウォリアーズの資産価値がニックスやレイカーズを上回ると主張しました。

「『Forbes』はどちらかといえば一般的な指標だ。ゴールデンステイトの売上予測は控えめになっている。私たちはニックスやレイカーズより、ずっと多くの収入があるよ」

『Forbes』の予測では、ウォリアーズの2018-19シーズンの売上高は4億4,000万ドルで、ニックスが4億7,200万ドル、レイカーズが4億3,400万ドルとなっています。

レイコブ氏が4億5,000万ドルでウォリアーズを買収した当時のフランチャイズ資産価値は1億8,800万ドルと評価されていました。

[kanren postid="17930,17921"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS