ウォリアーズのフランチャイズ資産価値は、ニックスやレイカーズを上回る?

『Forbes』によれば、ゴールデンステート・ウォリアーズの2020年のフランチャイズ資産価値は43億ドルで、これはNBA全体の3位にランクインされました。

そしてウォリアーズを上回っていたのが、1位のニューヨーク・ニックス(46億ドル)と、2位のロサンゼルス・レイカーズ(44億ドル)です。



しかし、『The Athletic』のビル・シェア記者によれば、ウォリアーズのオーナーであるジョー・レイコブ氏は、ウォリアーズの資産価値がニックスやレイカーズを上回ると主張しました。

「『Forbes』はどちらかといえば一般的な指標だ。ゴールデンステートの売上予測は控えめになっている。私たちはニックスやレイカーズより、ずっと多くの収入があるよ」

『Forbes』の予測では、ウォリアーズの2018-19シーズンの売上高は4億4,000万ドルで、ニックスが4億7,200万ドル、レイカーズが4億3,400万ドルとなっています。

レイコブ氏が4億5,000万ドルでウォリアーズを買収した当時のフランチャイズ資産価値は1億8,800万ドルと評価されていました。

blank

ステフィン・カリーの復帰で学ぶことができる”幸せ”

2020-03-06
blank

ウォリアーズの将来が明るい”5つの理由”

2020-03-06

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。