ドノバン・ミッチェルが新型コロナウイルス感染後初のインタビュー「発熱も症状も無い」

新型コロナウイルス感染によって隔離状態にあるユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルは、月曜日に『Good Morning America』のビデオインタビューに出演し、感染して以来初めて現状について言及しました。



ミッチェルは、最初に新型コロナウイルス感染が発覚したチームメイトのルディ・ゴベアについて、「(ゴベアの声明を)読んだし、彼の言ったことを聞いた」と語りました。

「彼も、僕も、元気で何よりだ。(チームの中の感染者が)2人だけでよかった。彼も、僕も、家には子供が居ない。チームメイトやスタッフの中には、家に子供が居る人もいる。それをできる限り抑えられたことは嬉しい」

またミッチェルは、新型コロナウイルスに感染したにも関わらず症状が出ていないことを「最も恐ろしい部分」と、強調して言いました。

「元気なんだ。孤独なだけで、物事はうまく進んでいる。幸いなことに、発熱も症状も無い。もし明日からプレイオフで戦わなければならないと言うなら、僕は喜んで戦うくらいさ。

症状が出ていないから、僕が病気にかかっているということが世間で知られていなければ、おそらく気付かないだろう」

ミッチェルやゴベアが元気であるのは喜ばしいことですが、ミッチェルが言ったように、感染しているにも関わらず「症状が出ていない」のは非常に厄介なことです。

これまでに新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たNBA選手は、ゴベア、ミッチェルに加えて、デトロイト・ピストンズのクリスチャン・ウッドの3人ですが、最悪の場合さらに感染者が発覚する可能性は十分にあります。

blank

スペンサー・ディンウィディーが30チームでのトーナメントを提案

2020-03-15
blank

選手の新型コロナウイルス感染によるNBAのシーズン中断の詳細

2020-03-12

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。