ジョー・ハリスはネッツと再契約できるのか

リーグ屈指のシューターであるブルックリン・ネッツのジョー・ハリスは、今年のオフシーズンにより大きな契約を掴める可能性があります。

しかし、たとえ自身の市場価値を下回る契約だったとしても、彼はケビン・デュラントやカイリー・アービング擁するネッツで、優勝を目指して戦いたいと考えています。



『New York Post』のブライアン・ルイス記者によれば、NBAのシーズンが新型コロナウイルスの影響で中断される前、ハリスはネッツと再契約することについて「当然だ!どうしてそんなことを聞くんだ?」と語りました。

「彼ら(デュラントやアービング)と1年間を過ごし、親しくなった。彼らは素晴らしい選手だ。健康な時に何ができるか分かっている。NBAで彼らと一緒にプレイしたくない選手は居ないと思うよ」

アキレス腱断裂から回復しているデュラントは今シーズンを全休しており、肩の手術を受けたアービングはわずか20試合にしか出場していません。

しかし、彼らが健康な状態で来シーズン戻ってきたとしたら、ネッツは一躍して優勝候補だと評価されるでしょう。

問題は、ネッツがハリスにお金をどれだけ使えるかということです。

ネッツはハリスのバード権を保持しているため、サラリーキャップを超えて彼と再契約を結ぶことができます。

しかし、ハリスの市場価値が高まっていること、ネッツが贅沢税を払う必要が出てくるかもしれないこと、そして新型コロナウイルスの影響でサラリーキャップが減少する可能性があることを考慮すると、再契約は簡単な話ではありません。

それでも、ハリスがネッツに良い影響を与えていることは明らかで、今シーズンのハリスは出場時間、得点、リバウンドでキャリア最高の数字を残しているほか、プラスマイナスではチームトップの平均プラス1.8ポイント、さらに2月1日以降では平均15.2得点、3ポイントシュート成功率44.8%を記録しています。

ハリスのフロアスペーシング能力は、間違いなくデュラントやアービングを補完する最大の能力の一つとなるでしょう。

ハリスはまた、ネッツの新ヘッドコーチ候補として挙げられてる2人――タロン・ルー、フィル・ハンディとも、過去に関係がありました。

ハリスがキャリア初期にクリーブランド・キャバリアーズに在籍していた頃、ルーはヘッドコーチ(アシスタントコーチも)を、ハンディはアシスタントコーチを務めていたのです。

そういった点でも、ネッツがハリスと再契約する理由はあると言えるかもしれません。

【投票】

ネッツはハリスと再契約する?
  • 再契約する 71%, 78
    78 71%
    78 票 - 71%
  • 再契約しない 29%, 32
    32 29%
    32 票 - 29%
全体の票数: 110票
2020-03-30 - 2020-04-30
この投票は終了しました
blank

ニックスとネッツ…指揮官を務めるならどっち?スタン・ヴァン・ガンディが言及

2020-03-24
blank

ケビン・デュラントが6月に復帰する可能性に、代理人は「現実的ではない」

2020-03-17

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。