公共のコートでのバスケットボールを防ぐため、市が講じる究極の措置

新型コロナウイルスの影響でNBAはシーズン中断を余儀なくされていますが、だからといって国中からバスケットボールが無くなるわけではありません。

指示があったとしても、危機感を持たない者や、ルールを無視する者は、普段と変わらず公共のコートでバスケットボールを続けています。

そのため、ニューヨーク市をはじめとした複数の都市は、公共のコートでバスケットボールをすることを防ぐ究極の措置を講じることにしました。



究極の措置は、極めて単純で、最も効果的な対処法だと言えるでしょう。

なぜなら、公園やレクリエーション施設のバスケットコートを使えないようにすればいいからです。

実際にニューヨーク市では、138ヶ所のバスケットボールコートでリムが撤去され、使用できないようになりました。

『USA TODAY Sports』のジェフ・ジルジット記者によれば、ニューヨーク市の公園局コミッショナーであるミッチェル・シルバー氏は、公共のコートからリムを撤去するという大胆な措置について、次のように語っています。

「ニューヨークは誇り高きバスケットボールの都市であるため、絶対に必要な場合以外にリムを外すことはありません。州が集会や大人数で遊ぶことを禁止したことに伴い、ニューヨーク市は市民に常識を守り、社会的距離を置くように命じました。それでも指示を無視する傾向が続いているため、戦略的に市内138ヶ所のリムを撤去することにしました。今後も必要に応じて、撤去は継続していきます」

こういった措置は、全国で行われています。

例えば、バージニア州アーリントンではネットがリムの上で結ばれ、テキサス州フォートワースではリムが撤去されました。

サンディエゴやニューオーリンズでも、コートは封鎖され、ネットは鎖で巻かれ、リムはボルトで固定されています。

『Bleacher Report』のハワード・ベック記者のリムが使用不可になった画像のツイートに対し、ニューオーリンズ・ペリカンズのJJ・レディックは「僕のところでは、文字通りバックボードからリムが撤去されたよ」と返信しました。



ルイジアナ州に位置するニューオーリンズでは新型コロナウイルスの症例が増加しており、3月16日の時点で94人に陽性反応が出ていたものが、3月30日の時点で陽性反応1,480人、うち86人が死亡となっています。

バスケットボールに対する誇りや情熱を忘れないのは素晴らしいことですが、今はそれよりも優先させなければならないものがあることを、常識として知っておかなければなりません。

blank

NBA選手の約90%が、契約の金額の半分も得られていない状況

2020-04-01
blank

2020年のNBAドラフトは9月まで延期か

2020-03-31

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。