ブラッドリー・ビールとジェイソン・テイタムが、デューク大進学についてジョーク

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールと、ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムは、金曜日に行われたインスタグラムのライブセッションで面白いやり取りを繰り広げています。



ビールとテイタムは会話の中で、高校トップ選手のジェイレン・グリーンが大学へ進学するのではなく、50万ドルでGリーグと契約したことについて触れました。

そしてビールは元デューク大出身のテイタムに対し、Gリーグ以上のお金を大学から受け取っていたため、進学を決断したではないかと訪ねました。

ビール:「それでデューク大が60万ドルをくれるからって?」

テイタム:「ああ、デューク大はこの国で唯一信頼できる大学かもしれないね」

ビール:「それくらい知っているさ」

もちろんこの会話は、ただのジョークにすぎないでしょう。

とはいえ、大学のトップクラスの選手が学校から給与を受け取っているのではないかという憶測はあり、この事実は近年のスキャンダルでも明らかになっています。

blank

最後の試合以来バスケットボールに触れていないジェイソン・テイタム

2020-04-15
blank

ウィザーズGMが考える2020年のドラフト方針「即戦力は必要ない」

2020-04-13

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。