トピックス

マイケル・ジョーダンと疎遠になった理由について語ったチャールズ・バークレー

1993年のシーズンMVPや、11度のオールスター出場経験を持つ元NBA選手のチャールズ・バークレーは、マイケル・ジョーダンと1992年にチームUSAで共闘したり、1993年にファイナルで対戦したりと、互いに親友として関係を築いてきました。

しかし、あることをきっかけに、バークレーはジョーダンと疎遠になってしまったようです。



『The Athletic』のデイビッド・オルドリッジ記者によれば、バークレーはジョーダンとの関係が疎遠になった理由について、ジョーダンの首脳陣としての動きを批判したからだと語りました。

「私が彼のマネジメントスキルについて言ったことを、彼は快く受け取ってくれなかった。それは残念なことだ。しかし、私もやるべき仕事をやらなければならない」

「私は彼を兄弟のように愛しており、彼にとっても私は兄弟のような存在だった。しかし、我々の最後の会話では、彼は私の言ったことにあまり満足していなかった。私の一番の批判は公平性だった。

実際、私の批判は彼の周囲の人々についてのものだった。彼の周りで雇った男たちの多くは”イエスマン”だったんだ。彼の周りの男たちは自家用ジェット機を欲しがっていたんだと思った。彼はディナーにステーキを食べることを望んでいたんだと思った。(その欲望のために)彼らは常に”イエスマン”だった」

バークレーはジョーダンを「史上最高のバスケットボール選手」と称賛し、今でも彼との関係修復を望んでいるとも語りました。

[kanren postid="18616"]

-トピックス

© 2020 NBA TOPICS