現代のNBAでジェリー・ウェストはどれほどの成績を残せる?レブロン・ジェームズの答えは…

バスケットボール殿堂のジェリー・ウェストは、かつて1960年から1974年までロサンゼルス(ミネアポリス)レイカーズ一筋でプレイし、14回のオールスター出場、12回のオールNBA選出、1970年の得点王、1972年の優勝のほか、ファイナルで敗戦したチームから史上唯一ファイナルMVPに選出されたことのあるレジェンドです。

そのジェリー・ウェストが現代のNBAでプレイしたら、どれほどの成績を残せるのか――バスケットボール誌『SLAM』がツイッターで投稿した質問に、レイカーズのレブロン・ジェームズが答えました。

ジェームズはウェストについて、オフボールオフェンスとオンボールオフェンスを駆使して容易にリムにたどり着き、フリースローも得ることができる選手だと説明し、平均24~27得点、8アシストを記録するだろうと投稿しています。

当時のNBAには3ポイントシュートが存在しなかったにも関わらず、ウェストはその距離からシュートを打つことができたとされており、彼は平均27得点を記録していました。

戦術やプレイスタイルが進化した現代のNBAでも、ジェームズが主張するように、ウェストは他のスター選手に全く劣らないプレイを見せてくれるのかもしれません。

 【投票】

ジェリー・ウェストが現代のNBAでプレイすると平均何得点を記録できる?

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。