アンソニー・デイビスでさえ、このオフシーズンに1年契約を結ぶ可能性がある?

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、このオフシーズンにプレイヤーオプションを破棄してフリーエージェントになることができますが、レイカーズと再契約を結ぶにしても、その年数は極めて短い可能性があります。

ある代理人の一人は『The Athletic』のジョン・ホリンガー記者に対し、新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断されたことによってリーグに経済的損失が出ており、来シーズンのサラリーキャップがどうなるか分からないため、フリーエージェントにとって短い契約を結ぶのは「理にかなっている」と語りました。

「未知数なことが多すぎる。誰もが1年契約を結ぶことは理にかなっている。アンソニー・デイビスのような大物フリーエージェントでさえ、2021年の数字(サラリーキャップ)を予測して、1年契約を結ぶ可能性がある」

デイビスは2020-21シーズンに2,880万ドル(約30億円)のプレイヤーオプションを保持していますが、もし2020-21シーズンのサラリーキャップが前年と変わらなければ、デイビスは最大3,270万ドル(約35億円)から始まる新たな契約を結ぶことができます。

しかし、現時点ではそれすらも不明確であり、実際にサラリーキャップがどうなるかは今シーズンが終わらなければ知ることができません。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。