ビクター・オラディポ「自分の置かれている状況がリスクを伴うことは理解している」

インディアナ・ペイサーズのビクター・オラディポは以前、右膝大腿四頭筋の断裂から約1年間のリハビリを経て今年1月に復帰した時のことについて、「80%にも達していなかった」ことを明かしました。

そのため『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、オラディポはオーランドでのシーズン再開でプレイするかどうかの最終決定を下す前に、負傷した部分に負荷をかけても問題が無いかテストを行うようです。



オラディポは『ESPN』に対し、自身の膝の状態について「はるかに良くなった」と語りました。

「自分の置かれている状況がリスクを伴うことは理解している。非常に長い間離脱していて、早く取り組もうとしているわけだからね。僕は賢くなければいけない」

ウォジナロウスキー記者によれば、ペイサーズはオラディポの回復に慎重かつ協力的に活動しており、最終決定がされるまでは注意深く監視を続けていくようです。

選手は現地時間6月24日までにオーランドでプレイをするかどうか報告し、チームは7月1日までにロスターをリーグに提出しなければなりません。

しかし、オラディポが身体的にプレイすることが不可能だと分かった場合、ペイサーズはプレイオフが開始される前までに代替選手と契約を結ぶことができます。

ただし、それはオラディポが今シーズン中にコートに戻れなくなることを意味します。

オラディポは復帰後からシーズン中断までに13試合に出場し、平均13.8得点を記録していました。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。