トピックス

ポール・ジョージがペイサーズにトレードを要求したのは、アンソニー・デイビスを獲得できなかったから?

ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージは、なぜインディアナ・ペイサーズに在籍していた3年前にチームにトレードを要求したかについて語っています。



『Knuckleheads with Quentin Richardson and Darius Miles』に出演したジョージは、当時リーグで”最高のパワーフォワード”と称される選手がジョージとプレイしたがっていたことをペイサーズに伝えたものの、チームはその選手の獲得に消極的であったため腹を立てたことを明かしました。

ジョージは”最高のパワーフォワード”の名前こそ出さなかったものの、『Indy Star』のJ・マイケル記者はその選手がアンソニー・デイビスだったのではないかと予測しています。

しかし、ペイサーズにとってデイビスを獲得することは、ジョージが考えている以上に複雑なことだったのかもしれません。

当時ニューオーリンズ・ペリカンズに在籍していたデイビスには残り2年間の契約が残っていたものの、伝えられるところによれば、それ以上長くペイサーズに残り続けることはなかっただろうと言われています。

さらにマイケル記者は、ペイサーズがデイビスを獲得するために十分な資産を持ち合わせていなかったとも指摘しています。

実際、昨年にロサンゼルス・レイカーズがデイビスを獲得するために手放した資産を見ても、あらゆるチームが簡単に決められるようなものでなかったことは明らかでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-, ,

© 2021 NBA TOPICS