NBAにとっても喜ばしいザイオン・ウィリアムソンのシーズン再開参加

オーランドでシーズンを再開させる時、第8シードを競うニューオーリンズ・ペリカンズにとってザイオン・ウィリアムソンがプレイするのは非常に喜ばしいことです。

しかし、その恩恵を得られるのはペリカンズだけではありません。

一部の選手が正当な理由でシーズン再開の不参加を表明する中、パフォーマンスでも話題性でも人々の関心を惹き付けるウィリアムソンがプレイすることは、リーグにとっても大きな意味を持ちます。



『ESPN』のティム・ボンテンプス記者とアンドリュー・ロペス記者によれば、リーグはウィリアムソンを呼び物にするためにシーズン再開にペリカンズを含めたことを否定していますが、少なくとも8試合で2019年の全体1位指名選手を見ることができるのは、間違いなくビジネス面で非常に適していると言えるでしょう。

あるウェスタン・カンファレンスのエグゼクティブの一人は、次のように語っています。

「彼を見るためだけに、多くの人々が注目しているのは明らかだ。彼のプレイを見るために、(昨年の)サマーリーグの会場がどれだけ混んでいたか思い出してほしい。(今回も)大規模なものとなるだろう」

実際、ウィリアムソンは膝の怪我から復帰した後に19試合に出場し、そのうち9試合が全国放送でしたが、その時のテレビ視聴率は今シーズンの全国放送の平均を30%以上も上回っていたと伝えられています。

イースタン・カンファレンスのエグゼクティブの一人は、次のように指摘しました。

「他の若い選手たちに比べて、(リーグは)彼に投資している。バスケットボールの中で人気があるだけでなく、NBAに関連することを広められる選手は滅多に居ないためだ」

したがって、オーランドではウィリアムソンがより注目を集めることが期待でき、それは長期のシーズン中断によって経済的損失を受けたNBAが最も望んでいることの一つだと言えるでしょう。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。