トピックス

ヒートのアンドレ・イグダーラ「まだ自分には成長の余地がある」

今年2月、ベテランのアンドレ・イグダーラはメンフィス・グリズリーズからマイアミ・ヒートへトレードされた直後、チームと2年間の契約延長を結びました。

新契約の2年目(2021-22シーズンの契約)はチームオプションとなっていますが、イグダーラは『Miami Herald』のバリー・ジャクソン記者とのインタビューの中で、双方が納得した契約であったと語っています。

「僕の考えとチームの考えは、双方が理解していた。(自分からすれば)チームがいつキャップスペースを必要とするかは分かっているし、(チームからすれば)2ヶ月でチームに馴染むことが難しいのは分かっている。僕は好印象を抱いている若い選手、特にバム(アデバヨ)やケンドリック・ナン、タイラー(ヒーロー)、ダンカン(ロビンソン)らと一緒に成長し、彼らの成長を助けられる場所に居たかった」



さらに、イグダーラは「まだ自分には成長の余地がある」と付け加えました。

「昨年6月のファイナルでは、オフェンス面で本当に素晴らしいリズムを掴むことができ、相手を崩すこともできた。ディフェンス面も、僕にとっては難しいことではないさ」

シーズンが中断される前、イグダーラはヒートで14試合(平均18.5分)に出場し、平均4.4得点、3.8リバウンド、2.0アシスト、1.1ブロックを記録していました。

過去数年間に渡ってゴールデンステイト・ウォリアーズの王朝を支えた16年目の大ベテランが、サプライズチームであるヒートにさらなるサプライズをもたらすことができるか注目です。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS