トピックス

ザイオン・ウィリアムソンが次世代ゲーム機版『NBA 2K21』のカバーアスリートに選出

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが現世代ゲーム機版『NBA 2K21』のカバーアスリートに選ばれたことに続き、次世代ゲーム機版『NBA 2K21』のカバーアスリートに選ばれたのはニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンでした。

ウィリアムソンはPlayStation 5版、Xbox Series X版のパッケージを飾ることになります。

関連記事
デイミアン・リラードが『NBA 2K21』PlayStation 4版などのカバーアスリートに

続きを見る

ウィリアムソンは『Sports Illustrated』とのインタビューの中で、自身が『NBA 2K21』のカバーアスリートに選ばれたことについて次のように語りました。

「『2K』シリーズのカバーを務めるのは夢見ていたことだし、チームメイトや成長してきた仲間たちと常に『2K』を遊んできた僕にとっては、この栄誉を与えられることは大きな意味がある。『2K』は常に僕と一緒にいた。これまでのカバーを見て、いつか自分もカバーを飾る日が来るかもしれないと考えていたよ」

ドラフト1位指名の選手といえど、キャリア1年目の選手が伝統的なバスケットボールゲームのカバーアスリートを務めるのは衝撃的なことです。

しかし、ウィリアムソンの話題性を考えれば、彼がカバーアスリートに選ばれることを疑問に思う人もいないでしょう。

彼はデューク大でNCAAを席巻し、カレッジプレイヤーの年間最優秀賞を受賞し、『Jordan』や『Mountain Dew』、『Gatorade』といったスポンサーとも大型契約を結びました。

マイケル・ジョーダンやコービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、ヤニス・アデトクンボといった過去にカバーアスリートを務めてきた選手たちの仲間入りをすることについて、ウィリアムソンは「とても名誉なこと」と語っています。

「彼らと同じところに僕の名前が出るだけでも、とても名誉なこと。彼らは偉大な選手たちで、その中に僕を入れてくれたことは大きな意味があるね」

なお、『NBA 2K』は木曜日に最後のカバーアスリートを発表する予定です。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS