トピックス

マイク・ブーデンホルザーHC「ヤニス・アデトクンボが2年連続MVPに値する以上のことをした」

ミルウォーキー・バックスのマイク・ブーデンホルザー・ヘッドコーチは、昨年のシーズンMVPであるヤニス・アデトクンボが再びMVPを受賞することを信じています。

ESPN』のエリック・ウッドヤード記者によれば、ブーデンホルザーHCは今シーズンのアデトクンボについて次のように語りました。

「我々は、ヤニスが2年連続MVPに値する以上のことをしたと思っている。彼が攻守でやってくれたことや、毎試合でやってくれたこと、文化的にも、労働倫理的にも、チームメイトとしても、我々のために基準を作ってくれたことを考えると、そう言える。彼は素晴らしいチームメイトで、利他的であり、何でもやってくれる。MVPとはそういうものだと思っているから、我々は彼が相応しいと感じているし、楽しみにしながら彼をサポートしていきたい」

今シーズンのアデトクンボは57試合(平均30.9分)に出場し、平均29.6得点、13.7リバウンド、5.8アシストを記録しました。

何よりも驚くべきことは、昨シーズンのアデトクンボもMVPに値する十分なパフォーマンスを見せたにも関わらず、今シーズンは出場時間を減らしながら昨シーズンを上回るスタッツを残しているということです。

結果として、バックスも2年連続でリーグ最高勝率を記録しています。

今年の年間アウォーズはシーズン中断前のパフォーマンスを評価することが決まったため、以前までMVPの最有力候補の一人であったアデトクンボは、当然ながら2年連続MVP受賞の期待を持つことができるでしょう。

今年3月に『ESPN』が実施した擬似的なMVP投票では、アデトクンボが70人の投票者のうち60人から1位票を獲得していました。

関連記事
『ESPN』が実施したシーズンMVPのメディア投票、ダントツで1位票を獲得した選手は…?

続きを見る

もしアデトクンボがMVPを受賞した場合、彼はカリーム・アブドゥル・ジャバーとレブロン・ジェームズに次いで、25歳以下で複数のMVP受賞を経験した史上3人目の選手となります。

また、マイケル・ジョーダンとアキーム・オラジュワンに次いで、史上3人目となるMVPと最優秀守備選手賞のダブル受賞にも期待がかかっています。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS