考察

シーズン再開後の各チームの展望【インディアナ・ペイサーズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はインディアナ・ペイサーズ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 8月1日(2日):フィラデルフィア・76ers
  • 8月3日(4日):ワシントン・ウィザーズ
  • 8月4日(5日):オーランドマジック
  • 8月6日(7日):フェニックス・サンズ
  • 8月8日(9日):ロサンゼルス・レイカーズ
  • 8月10日(11日):マイアミ・ヒート
  • 8月12日(13日):ヒューストン・ロケッツ
  • 8月14日(マイアミ・ヒート

主な離脱選手

  • ジェレミー・ラム

注目ポイント

シーズン中断によってペイサーズが受けた恩恵の一つは、大腿四頭筋の断裂で離脱していたマルコム・ブログドンが完全な健康を取り戻して復帰することです。

キャリア4年目のブログドンは今シーズン、48試合(平均30.7分)で平均16.3得点、4.7リバウンド、7.1アシストとキャリア最高の数字を残していました。

新型コロナウイルスの陽性反応が出たこともありましたが、最終的にブログドンが出場できるのはチームにとって大きなことでしょう。

ただ、チームのプレイスタイル次第ではシーズン再開後に苦戦を強いられる可能性があります。

今シーズンのペイサーズはフィールドゴール成功率でリーグ3位を記録しており、これは東西カンファレンスの首位であるロサンゼルス・レイカーズ、ミルウォーキー・バックスに次ぐ好成績ですが、同時に誤解を招きやすい成績でもあります。

ペイサーズはレイカーズやバックスと異なり、3ポイントシュートやフリースローを打つ機会が少なく、実際に2ポイントシュートが占める割合の大きさはリーグ首位(すなわち3ポイントシュートの割合はリーグ最下位)を記録しているのです。

ペイサーズはオラディポが不在の間も、ブログドンとドマンタス・サボニスのピック&ロールや、ドリブルハンドオフを駆使してうまく得点を重ねてきましたが、プレイオフでも同様のスタイルが通用するとは限らないでしょう。

そのため、ペイサーズは3ポイントシュート成功率44.5%のダグ・マクダーモットや、42.4%のアーロン・ホリデーにもより多くの出場時間を与えたいところです。

もちろん、ビクター・オラディポがシーズン再開後にプレイできるのであれば、それに越したことはありません。

今年1月に右膝の大怪我から復帰したオラディポは、13試合(平均26.0分)で平均13.8得点、3.2リバウンド、3.0アシストと、怪我をする以前のパフォーマンスとはかけ離れていました。

それでも、オラディポとブログドンはともに、オフェンスを仕掛け、リムに到達し、3ポイントシュートを打つことができ、複数のポジションを守ることができるため、両者がコートに立っていれば相手にとっては厄介なものとなるでしょう。

ただ、オラディポの決断や、サボニスの最近の負傷によって、シーズン再開後のペイサーズのラインナップ、ローテーションが大きく変化される可能性があるだけに、現時点では彼らの今後は不確実性に富んだものとなっています。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS