カワイ・レナード「現時点でシードは重要ではない」

シーズン再開に含まれた22チームはオーランドのバブルに集ったため、そこには慣れ親しんだファンも、相手チームの本拠地への移動もありません。

そのため、ロサンゼルス・クリッパーズのスーパースターであるカワイ・レナードは、今年のプレイオフにおけるシードの重要性をあまり考えていないようです。

blank

ディフェンスの名手パトリック・ベバリーが選ぶ、守るのに最も苦労した対戦相手は?

2020-07-18



8月12日(日本時間13日)のデンバー・ナゲッツ戦に124-111で勝利し、クリッパーズが今年のプレイオフを第2シードで迎えることが確定した後、レナードは記者団に対して「現時点でシードは重要ではない」と語りました。

「今夜のように僕たちはデンバーと対戦したけど、そこに移動したわけでも、慣れ親しんだホームで対戦したわけでも、ファンが居たわけでもない。様々な都市を移動する中で、自分自身を確立し、何ができるか見ようとするもの。それが球技におけるプレイオフの難しさだけど、バブルにはそれが無い」

通常のプレイオフのシリーズでは、勝率が高いチームの方がホームで最大4試合(低いチームは最大3試合)を戦うことができ、それがいわゆるホームコートアドバンテージというものです。

しかし、舞台はオーランドのウォルト・ディズニー・ワールド内にある会場であるため、全てのチームにとってホームの利点は無いと言えるでしょう。

それでも、チームメイトのポール・ジョージはクリッパーズの実力を信じています。

「ここには多くの未知がある。だけど、僕たちのチームは自信があると思う。心配することはない。これは公平な競争の場なんだ」

クリッパーズは第1ラウンドで第7シードのダラス・マーベリックスと対戦しますが、彼らはルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギスを中心に層の厚いロスターを持っているため、たとえ優勝候補のクリッパーズでも一筋縄ではいかないでしょう。

それでも、本当に優れたチームはホームコートアドバンテージに頼って優勝するわけではないため、レナードやジョージの反応は当然のことなのかもしれません。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。