ディフェンスの名手パトリック・ベバリーが選ぶ、守るのに最も苦労した対戦相手は?

ロサンゼルス・クリッパーズのパトリック・ベバリーは、あらゆるサイズの選手、あらゆる能力を持った選手を苦しめるディフェンスの名手として知られています。

そのため、彼がオフェンスに優れた選手を称賛する時には、耳を傾ける価値があると言えます。



ベバリーが守るのに最も苦労した選手は誰でしょうか?

それは昨年のプレイオフで苦しめたケビン・デュラントでも、今シーズンのクリスマスゲームの試合終了間際に抑えたレブロン・ジェームズでもありません。

ニューオーリンズ・ペリカンズのJJ・レディックが司会を務める『The JJ Redick Podcast』に出演したベバリーが選んだのは、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードでした。

「デイム(リラードの愛称)だ。デイムは僕がウェイトルームに籠もることになった理由の一つ。僕はチームメイトにこう言ったんだ。”横方向に素早く動けるようにならないと。スピードについていけない。体重を落とす必要があるのか、強くなる必要があるのか、別のチームに移籍する必要があるのか分からない。とにかく素早さが必要だ”ってね」

ベバリーは続けて、リラードの長距離3ポイントシュートが彼をより厄介な存在にしていると語りました。

実際のところ、『NBA.com』によれば、今シーズンのリラードは25~29フィート(約7.62~8.83m)の位置から146本の3ポイントシュートを成功させています。

NBAの3ポイントラインが23フィート(約7.24m)であることを考えると、その数字がいかに異常であるかを理解するのは難しいことではありません。

「あのハーフコートショットは、僕で言えばレイアップやコーナーからのショットのようなもの。あのような選手に備える時は、そうでない選手と比べると全然違うね」

リラードは過去数年間でスーパースターとしての地位を確立しており、今シーズンは平均28.9得点、7.8アシスト、3ポイントシュート成功数3.9本を記録しています。

アシストを考慮すると、リラードがオフェンス面で最も効率的な選手の一人であることが分かります。

『Synergy Sports Technology』によれば、リラードは1ポゼッションあたり平均1.402得点を生み出す選手であり、これはレブロン・ジェームズに匹敵するほどの生産性です。

blank

デイミアン・リラードが自身のトレードの噂に反応「僕のスタンスは変わらない」

2020-07-06



唯一惜しいのは、プレイオフで彼らが対戦する可能性が低いということです。

ブレイザーズが第8シードでプレイオフに進出したとしても、クリッパーズが第1シードか第4~5シードでプレイオフに進出しない限り、カンファレンス準決勝までに両者がプレイオフで激突することはありません。

とはいえ、8月8日(日本時間9日)に両者が対戦する機会はあるため、ここでリラードのオフェンス力と、ベバリーのディフェンス力に注目したいところです。

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!