2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

リポート

クリスタプス・ポルジンギスが右ひざ外側半月板の手術、復帰時期は未定

ダラス・マーベリックスのクリスタプス・ポルジンギスが右ひざの外側半月板の手術を受けたことを、チームが発表しました。

ポルジンギスはすぐにリハビリを開始するものの、復帰時期については未定のようです。

ポルジンギスはロサンゼルス・クリッパーズとのプレイオフ1回戦 第1戦で負傷をしましたが、第2戦、第3戦も出場をしていました。

そして第4戦以降をひざの痛みとして欠場した後、第5戦でチームは半月板の損傷を発表しました。

2018年2月に左ひざ前十字靭帯断裂の大怪我を経験して以降、ポルジンギスはキャリアを通じて怪我の問題に対処し続けています。

今季、マーベリックス移籍後1年目となったポルジンギスは57試合(平均31.8分)に出場し、平均20.4得点、9.5リバウンド、2.0ブロックを記録しました。

コート上では影響力を与えられる選手であるだけに、マーベリックスとしては2020-21シーズンが開幕する前にポルジンギスが回復してくれることを望みたいところです。

ただし、2020-21シーズンの日程も決まっていないため、ポルジンギスがどのような状態で2020-21シーズンを迎えるかは分かりません。

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS