トピックス

バブルでの大怪我も、後悔は無いマジックのジョナサン・アイザック「自分の信念を貫く機会を得られた」

2019-20シーズンをオーランドのバブル(隔離環境)で再開させる試みは、全体的に見れば成功であったと言えるでしょう。

多くの人々の協力の下、彼らは2019-20シーズンを何とか終わらせることができ、バブル内で新型コロナウイルスの陽性反応が出た選手もいませんでした。

しかし、全てが完璧だったわけではありません。

今年3月から4ヶ月以上に渡る中断期間を経た後のシーズン再開は、選手の怪我のリスクが懸念され、実際にオーランド・マジックのジョナサン・アイザックは、左ひざ前十字靭帯の断裂という大怪我をバブルの中で負ってしまいました。

そして、2020-21シーズンがいつ開幕されるかに関係なく、アイザックは2020-21シーズンの全休を余儀なくされるようです。

アイザックは今年1月にもひざの重傷を負っていたため、周囲からは彼がバブルで復帰することについて疑問の声もありました。

それでも、アイザックは月曜日に『The Athletic』のジョシュ・ロビンス記者とのインタビューの中で、復帰したことについて「後悔は無い」と語っています。

「自分は本気で出場できると思っていた。動きやプレイの面で迷いは無かったんだ。それはプレイしていた時の映像からも分かる。絶好調だったし、キャリアでも最高のジャンプができていたと思う。だから、復帰したことや、そのタイミングについては後悔していない。スタッフを信頼して、”プレイの準備はできている”という結論に至ったんだ。それは自分自身の決断だったし、プレイできて良かったと思っている」

The Athletic

もし自分が怪我をすることを知っていれば、別の考えを持っていたかもしれないとアイザックは付け加えましたが、それでもバブルでの経験は、何物にも代えられないものだったと感じています。

「バブルの中に居たことで、自分の信念を貫く機会を得られた。発言する機会を得られた。チームメイトと一緒に居る機会を得られた。自分がそれを手放すなんてできない」

The Athletic

最悪の怪我の一つを負ったにも関わらず、アイザックが今も前向きな考えを持っているのは本当に心強いことです。

彼はマジックの将来にとって非常に重要な選手であり、見ていてユニークな楽しい選手であるため、復帰を果たしたときには素晴らしい再スタートを見せてくれることに期待しましょう。

合わせて読みたい
相次ぐ離脱からのプレイオフ敗退を惜しむマジックのスティーブ・クリフォードHC

続きを見る

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS