ニックスがゴードン・ヘイワードの獲得に関心か

ボストン・セルティックスのフォワードであるゴードン・ヘイワードがフリーエージェントになることを決断した場合、ニューヨーク・ニックスが彼の獲得に動く可能性があることを、『The Ringer』のケビン・オコナー記者が報じています。

ヘイワードは来季に3,420万ドルの高額なプレイヤーオプションを保持していますが、オコナー記者によると、ヘイワードはセルティックスから移籍することを望んでいるようです。

プレイヤーオプションを破棄すれば、ヘイワードはフリーエージェントとして今年のオフシーズンに自身の市場価値を試すことができます。

ESPN』のザック・ロウ記者とボビー・マークス記者も最近、ヘイワードがプレイヤーオプションを破棄する可能性が高いことを報じていました。

2021年のオフシーズンには多くのスター選手がフリーエージェントを迎えるために、ヘイワードの契約が後回しになってしまうことや、2021‐22シーズンのサラリーキャップの不確実性が高いことから、彼が今年のオフシーズンにフリーエージェントとなるのは賢明な判断であると言えるでしょう。

ヘイワードのセルティックでのキャリアは、決して理想的と呼べるものではありませんでした。

彼は2017年のオフシーズンにユタ・ジャズからセルティックに移籍をしましたが、2017‐18シーズンの開幕戦で左足首を骨折する大怪我を負って以降、期待されていたスターのような影響力は発揮できていません。

それでも、昨季は52試合(平均33.5分)の出場で平均17.5得点、6.7リバウンド、4.1アシスト、フィールドゴール成功率 50.0%、3ポイントシュート成功率 38.3%を記録したため、堅実な補強を目指したいと考えるチームにとっては、ヘイワードは理想的な選手の一人です。

ヘイワード以外にも、先日トレードを要求したと報じられているヒューストン・ロケッツのラッセル・ウェストブルックの獲得にも、ニックスは関心を持っていると噂されています。

合わせて読みたい
ゴードン・ヘイワードに噂されている3つのトレード先

-
-, ,

© 2020 NBA TOPICS