トピックス

2014年のレブロン・ジェームズの移籍をメールで知ったクリス・ボッシュ「馬鹿げた嘘だと思った」

レブロン・ジェームズは2010年から2014年にかけてマイアミ・ヒートに所属し、同期のスターであるドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュと強力なビッグ3を構成しました。そして4シーズンの間で2回の優勝を経験した後、ジェームズはフリーエージェントとして古巣のクリーブランド・キャバリアーズに戻ることを決断し、大きな注目を集めました。

ただ、ビッグ3の別れは決して壮大なものではなかったようです。元NBA選手のマット・バーンズとスティーブン・ジャクソンが司会を務めるポッドキャスト『All the Smoke』に出演したボッシュは、当時のジェームズの移籍についてメールを介して知ったことを明かしました。

「メールで知ったよ。馬鹿げた嘘だと思った。そしたら10分後には(ジェームズの移籍が)至るところで広まっていた。当時の自分は理解できなかった。(2014年のNBAファイナルで)敗れたばかりだったから、自分の頭の中ではチームを立て直そうと考えていた。何かを修正して、勝てるようにしたかった。だけど、実際にはそうならなかった。正直言って、最初は腹が立ったよ」

All the Smoke

ボッシュはジェームズの唐突な移籍を受け入れるのに数ヶ月を要したと言います。しかし、最終的にジェームズの移籍は「全ての人にとって良い結果になった」と認めました。

キャバリアーズに移籍した後、ジェームズはチームを4年連続のNBAファイナル進出に導き、2016年には歴史的な逆転劇で球団に初の優勝をもたらしました。

ボッシュはジェームズの決断に傷付きました。しかし、今では互いに和解しており、両者は良好な関係を維持しています。

合わせて読みたい
北米4大スポーツ史上最短のオフシーズンに、レブロン・ジェームズがたった一つの絵文字で心境を表現

-トピックス
-, ,

© 2020 NBA TOPICS