トピックス

制限なしの出場で26得点を記録したザイオン・ウィリアムソン「違う感覚だった」

ニューオーリンズ・ペリカンズは12月14日(日本時間15日)に行われたマイアミ・ヒートとのプレシーズン初戦に114-92で快勝しました。

この試合で最も注目すべき部分は、2019年のドラフト全体1位指名選手であるペリカンズの若きスター、ザイオン・ウィリアムソンに出場時間の制限が設けられなかったことでしょう。昨季、ウィリアムソンはシーズン前半を膝の怪我で離脱していたため、大事を取って多くの試合で出場時間を制限されていました。

キャリア2年目のプレシーズン初戦で、ウィリアムソンは33分13秒に出場しました。無論、彼のパフォーマンスも期待を裏切らないものでした。ウィリアムソンはフィールドゴール13本中8本成功の26得点、11リバウンド、2アシストを記録し、チームの勝利に貢献しています。

試合後、ウィリアムソンは「長い時間出場できて気持ちよかった」と語りました。

「確かに違う感覚だった。昨季はおそらく3~4試合しか出場し続けることができなかったからね。タイマーがゼロになった時、”久しぶりだなぁ”と感じたよ」

ESPN

強靭なフィジカルでペイント内を支配するウィリアムソンは、その強みを活かして11本のフリースローを獲得(うち10本成功)しました。容易に得点を量産するためにも、ウィリアムソンはペイント内で接触する多くの機会を無駄にはしたくないと語っています。

「自分は多くのファウルを貰い、フリースローを打つことになるだろうと感じている。それは美味しい機会だ。その機会を作っていかなければならない」

ESPN
合わせて読みたい
2020年のオフシーズンにおける各チームの動きを評価【サウスウェスト編】

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS