リポート

ホークスの新人オニエカ・オコングが最初の2試合を欠場へ

今年のNBAドラフトでアトランタ・ホークスに全体6位で指名されたセンター、オニエカ・オコングが少なくとも2020-21シーズンの最初の2試合を欠場することを、チームが公式発表しています。

発表によれば、オコングは左足の種子骨に起きた炎症のリハビリを続けており、現時点ではチーム練習への完全な参加も認められていないようです。レギュラーシーズンの3試合目にあたる12月28日(日本時間29日)のデトロイト・ピストンズ戦で、オコングは出場可能であるか再検査されます。

今月に20歳を迎えたオコングは、ワン・アンド・ダン(大学に1年間在学した後にドラフトへ参加すること)でNBA入りを果たした選手の一人です。昨季は南カリフォルニア大で28試合に出場し、平均16.2得点、8.2リバウンド、2.7ブロックを記録しました。

ホークスは以前、このオフシーズンに獲得したガードのクリス・ダンが開幕戦を欠場することも発表しています。

合わせて読みたい
クリント・カペラの活躍に期待するホークスのコーチや選手たち

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS