トピックス

レイカーズの指揮官がカイル・クーズマに求めるもの

ロサンゼルス・レイカーズのフォワードのカイル・クーズマは数日前に3年4,000万ドル(約42億円)で延長契約を結びましたが、彼の役割は依然として不確かなままです。

クーズマはプレシーズンの4試合全てで先発として試合に出場したものの、これらの試合ではスターのレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスが出場していませんでした。その後、12月22日(日本時間23日)に行われたロサンゼルス・クリッパーズとの2020-21シーズン開幕戦では、クーズマはベンチから起用されました。

開幕戦の前、レイカーズのフランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)はクーズマの役割について言及しました。昨季のフランチャイズを優勝に導いた指揮官は、クーズマが先発やリザーブといった役割に関係なくチームに貢献してくれることを期待しています。

「このチームでクーズマが最も重要なことは、攻守でエナジーを与えること。彼は我々が求めていることを理解している。オフェンス面ではキャッチ&シュートが狙える状況で積極的になったり、彼を介してプレイを行う。ディフェンス面では(レロン・ジェームズやアンソニー・デイビスを)補完し、成長を続けている。彼を先発で起用するのか、リザーブで起用するのかは決まっていない。彼の役割は1年を通じて流動的なものになる可能性がある」

Los Angeles Times

2017年のNBAドラフトでレイカーズに全体27位で指名されたクーズマは、最初の2年間で印象的な活躍を残しました。しかし、2019年のオフシーズンにレイカーズがデイビスを獲得したことによって、クーズマはキャリア3年目の大半をリザーブとして過ごすことになりました。1試合あたりの平均出場時間は8分ほど減少し、当然ながら成績も全体的に低下することになりました。

それでも、ジェームズやデイビスはキャリア4年目を迎えるクーズマが2020-21シーズンにステップアップすることを信じています。デイビスは先日、今季がクーズマにとって「意義深いシーズンになるだろう」と語りました。

合わせて読みたい
カイル・クーズマがより大きな役割を担うと信じるアンソニー・デイビス「彼にとって意義深いシーズンになる」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS