トピックス

ジョン・ウォール「自分は史上最高のショットブロッキング・ポイントガード」

ジョン・ウォールは自身のキャリアにおける新章を迎えており、自身の才能を新たなフランチャイズのために活用する準備ができています。彼は2020年のオフシーズンにワシントン・ウィザーズからヒューストン・ロケッツにトレードされました。

彼は特定の分野において、同じポジションの選手の中で最高の能力を持っていると自負しています。1月2日(日本時間3日)のサクラメント・キングス戦に102-94で勝利した後、ウォールはショットブロックのスキルにおいて自身が史上最高の選手であると語りました。それも、彼はキャリアの初期からそのように感じていたようです。

「僕は史上最高のショットブロッキング・ポイントガードだ。リーグに足を踏み入れた時からそう感じていたよ」

ウォールがポイントガードの中で史上最高のショットブロッカーであるかどうかは別にしても、彼のブロッキング能力が優れていることは事実です。ウォールは9年間のキャリアで通算396本のブロックを記録しており、今季もこれまでに出場した2試合で計3ブロックを記録しています。2017-18シーズンは12月に左足の踵骨棘(しょうこっきょく)の手術によって離脱し、その後にアキレス腱の部分断裂によってシーズンを終えることになりましたが、それまでの1試合あたりの平均ブロック数はポイントガードの中で最多の平均1.1本でした。

シーズンはまだ始まったばかりであり、ウォールはロケッツの中で果たすべき仕事が多くあります。しかし、彼はスターのジェームズ・ハーデンがチームの一員であり続ける限り、物事が上手く進むと確信しています。

今季のロケッツに対する疑問はいくつかありますが、ウォールはできる限り多くの答えを導き出したいと考えています。それは決して簡単なことではありませんが、彼らが問題を解決し始めることができれば、今季はロケッツにとって非常に良いシーズンとなるでしょう。

合わせて読みたい
735日ぶりにレギュラーシーズンの勝利を味わったジョン・ウォール「次の試合ではもっと良くなれる」

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS