複数のチームがペリカンズのロンゾ・ボールの獲得に関心か

複数のチームがニューオーリンズ・ペリカンズの23歳のガード、ロンゾ・ボールの獲得に関心を示していると、『Heavy』のブランドン・”Scoop B”・ロビンソン記者が報じています。ロビンソン記者によれば、関心を持っているチームは今のところニューヨーク・ニックス、トロント・ラプターズ、ダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、オーランド・マジックの5チームのようです。

https://twitter.com/ScoopB/status/1351912672170815492

2017年のドラフト全体2位指名選手であるボールは、ロサンゼルス・レイカーズに所属していた最初の2年間こそ残念な結果に終わったものの、2019年のオフシーズンにアンソニー・デイビスのトレードの一環でペリカンズに移籍した後、ある程度は成績や評価を改善させました。しかし今季は再び苦戦を強いられており、リバウンドとアシスト、得点の効率面で成績の低下が見られています。これには2020年のオフシーズンに加入したエリック・ブレッドソーや、キャリア2年目のニケイル・アレキサンダー・ウォーカーの成長といったものも関係しており、それらの影響でボールのバックコートでのタッチ数も減少しています。

特に注目したいのは、ボールは故郷の近くでもあるクリッパーズでしょう。今季のクリッパーズはここまで11勝4敗でウェスタン・カンファレンス3位と良い成績を残していますが、プレイメイキングを託せる真のポイントガードと呼べる選手がまだ居ません。

ペリカンズでの不適合性を考えると、3月25日のトレード期限までにいずれかのチームが動きを見せる可能性は大いに考えられます。また、ボールは今年のオフシーズンに制限付きフリーエージェントを迎えます。

合わせて読みたい
ペリカンズはロンゾ・ボールをトレードすべき?

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-
-, , , , , ,

© 2021 NBA TOPICS