トピックス

スティーブ・カーHCがケリー・ウーブレイJr.のトレードの噂を否定「残念なこと」

ゴールデンステイト・ウォリアーズとニューオーリンズ・ペリカンズの間で、ウォリアーズのケリー・ウーブレイJr.を含むトレード交渉が行われたことを、『The Athletic』のシャムス・シャラニア記者が最近報じました。しかし、ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は噂を一蹴しています。

関連記事
ペリカンズがロンゾ・ボールやJJ・レディックのトレードに意欲的、ウォリアーズのケリー・ウーブレイJr.の交渉も噂に

『The Athletic』のアンソニー・スレーター記者によれば、カーHCはウーブレイのトレード交渉が起きていなかったことを明かし、噂が広まったことについて「残念なこと」とコメントしました。

「チームから電話があったから、彼のことを聞いてみた。オファーすらしていないそうだ」

スレーター記者はまた、カーHCがこうしたトレードの噂をウーブレイ本人に伝えたことを報じています。ウーブレイは透明性のある話し合いができたことに感謝しており、「最終的には、自分はウォリアーズの一員」とコメントを残しました。

今季、ウーブレイは19試合に出場し、平均11.7得点、5.6リバウンド、1.3アシスト、フィールドゴール成功率 42.7%、3ポイントシュート成功率 32.1%を記録しています。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS