ペリカンズはロンゾ・ボールのトレードで大きな見返りを求めている?

ニューオーリンズ・ペリカンズは23歳のガード、ロンゾ・ボールのトレード交渉を受け付けているという報道がありますが、彼らはただ単純にボールを手放そうとしているわけではないようです。

『SNY』のイアン・ベグリー記者によれば、ペリカンズは「適正価格」の場合のみに限ってボールをトレードする意思があるとのこと。状況に精通しているチーム関係者は、大きな見返りがなければペリカンズがボールを手放すつもりはないと、ベグリー記者に語りました。

ボールは今季終了後に制限付きフリーエージェントを迎えます。もしペリカンズが将来の計画にボールを含んでいないのであれば、パス能力や若さを必要とするチームに彼を売り込む可能性は十分にあります。

現在ペリカンズは7勝10敗でウェスタン・カンファレンス14位。このまま成績が改善されずにプレイオフ争いの希望を失えば、ボールをトレードする傾向はさらに強まるかもしれません。

噂通りにボールやJJ・レディックがトレードされた場合、ペリカンズはザイオン・ウィリアムソンやブランドン・イングラムといった若いスターを中心にチームを構築させるとともに、ニキール・アレクサンダー・ウォーカーやカイラ・ルイスJr.といった若いガード陣に成長の機会を与えることができるでしょう。

2017年のドラフトで全体2位指名を受けたボールは、今季14試合の出場で平均12.9得点、3.6リバウンド、4.9アシスト、フィールドゴール成功率 40.1%、3ポイントシュート成功率 33.0%を記録しています。

こちらもオススメ
ペリカンズがロンゾ・ボールやJJ・レディックのトレードに意欲的、ウォリアーズのケリー・ウーブレイJr.の交渉も噂に

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-
-,

© 2021 NBA TOPICS