トピックス

キャリア最多の40得点を記録したケリー・ウーブレイJr.「自分にとって大きな学習体験」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのフォワード、ケリー・ウーブレイJr.は今季の序盤に苦戦を強いられてきましたが、2月4日(日本時間5日)のダラス・マーベリックス戦でキャリア最多の40得点とステップアップし、チームの147‐116の快勝に大きく貢献しました。

『ESPN』のニック・フリーデル記者によれば、ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は試合後にウーブレイの活躍を称賛しました。

「ケリーにとって今季最初の四分の一は大荒れだった。それでも何度か素晴らしいパフォーマンスを見せるときもあった。これまでのシューティングは本当に酷かったが、今のケリーはより快適にプレイできている。チームメイトは彼を応援していて、彼が快適にプレイできるように手助けしたいと思っている。彼にとっても、チームにとっても素晴らしい試合だったよ」

昨年のオフシーズン、ウォリアーズはアキレス腱断裂によって全休が決まったクレイ・トンプソンの穴を埋めるため、得点面で期待ができるウーブレイをトレードによって獲得しました。しかし今季はシューティングの一貫性を欠いており、ここまでフィールドゴール成功率 39.8%、3ポイントシュート成功率 27.2%を記録しています。

それでも、この日のマーベリックス戦では3ポイントシュートを10本中7本成功させ、効率的に得点を重ねました。もしウーブレイが今後も効率的なパフォーマンスを続けることができれば、最近の彼の周囲に渦巻いているトレードの噂は自然と消えていくことになるでしょう。

試合後、ウーブレイは「自分にとって大きな学習体験だった」と語るとともに、ウォリアーズでプレイできる喜びをあらわにしました。

「次のステップに進むためのツールは持っていたけど、精神的にゆっくりと、全てまとめてから自分の流れを見つける必要があった。だんだん流れが分かってきたよ。偉大な選手であるステフ(ステフィン・カリー)と一緒にプレイできることを嬉しく思うよ」

こちらもオススメ
ウォリアーズ移籍について語ったケリー・ウーブレイJr.「自分にぴったりの場所だと思った」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS