トピックス

ウォリアーズ移籍について語ったケリー・ウーブレイJr.「自分にぴったりの場所だと思った」

当初、ゴールデンステイト・ウォリアーズは約1,720万ドルのトレードエクセプションを使用しないだろうと広く考えられていました。しかし、ドラフト当日に彼らの身に起きたのは、スターのクレイ・トンプソンが右アキレス腱の断裂により2020‐21シーズンを全休するという最悪の出来事でした。

ウォリアーズはトンプソンの穴を埋めるため、エクセプションを利用してオクラホマシティ・サンダーから24歳のフォワードであるケリー・ウーブレイJr.を獲得しました。ウーブレイは昨季にフェニックス・サンズで56試合(平均34.5分)に出場し、平均18.7得点、6.4リバウンド、1.3スティール、フィールドゴール成功率 45.2%、3ポイントシュート成功率 35.2%を記録しています。

最近、ウーブレイは『KRON』に出演し、トンプソンの負傷後にウォリアーズに移籍したことについての心境を語っています。彼はウォリアーズを「自分にぴったりな場所だった」と認めました。

「残念なことにクレイは離脱してしまった。自分だってそんなことは望んでいない。でも、ウォリアーズから興味があると連絡が来た後は、双方にとって最高にフィットできる機会だと思った。

(ウォリアーズ加入に向けて)全てを体験するには素晴らしい旅だったよ。ここに加わることができて嬉しい」

KRON

ウーブレイは若さとロールプレイヤーとしての十分な才能を持ち合わせているため、どのチームにとっても戦力となることが期待できる選手の一人です。

しかし、サンズはクリス・ポールを獲得するための莫大なサラリーを合わせるため、ウーブレイをトレードに含める必要がありました。サンダーは本格的な再建に向けて動いていたため、ウォリアーズが提示した2021年の1巡目指名権は魅力的なものでした。

トンプソンの離脱により、ウォリアーズの優勝争いはより困難なものとなっています。しかし、ウーブレイの加入によって、彼らは依然としてプレイオフ進出が予想されるチームの一つとして見られています。2度のMVP受賞経験を持つステフィン・カリーのほかに、アンドリュー・ウィギンスやドレイモンド・グリーンといった堅実な先発、さらには2020年のドラフトで全体2位指名を受けたジェームズ・ワイズマン――これらの選手の中に、ウーブレイがどのようにフィットしていくのかは注目する価値があるでしょう。

合わせて読みたい
ウォリアーズがサンダーのケリー・ウーブレイJr.を獲得、約1,720万ドルのトレードエクセプションを利用

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS