トピックス

ブラッドリー・ビールの欠場について、ウィザーズ指揮官は「少し休む必要がある」

ワシントン・ウィザーズが2月12日(日本時間13日)のニューヨーク・ニックス戦でブラッドリー・ビールを欠場させたことについて、ウィザーズのスコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)はタンキング(故意に敗戦する行為)以外の正当な理由があると主張しています。

『The Athletic』のフレッド・カッツ記者によれば、ビールを欠いたウィザーズが109-91で敗戦した後、ブルックスHCはビールについて「具体的に話せることは何もない」とコメントしました。

「ただ、彼は少し休む必要があるだけだ」

ブルックスHCはまた、現在のウィザーズが27日間で16試合を戦う過密日程の最中にあり、ビールに多くの負担がかかっていることを付け加えました。

短縮されたオフシーズンと今季の過密日程により、程度は違えど怪我をする選手は少なからずいます。チームがイースタン・カンファレンス最下位に沈む中、リーグトップの平均32.8得点を記録するビールの負担を考慮するのも当然でしょう。しかしビールが27歳という年齢であることと、慢性的な怪我を一切抱えていないことから、彼のロードマネジメントにはいくつかの疑問の声も上がっていました。

ビールは3月25日のトレード期限までに動向が注目されている選手でもあり、それが彼の健康を気にかける別の要因にもなっています。

こちらもオススメ
ブラッドリー・ビールの「信じられない」忠誠心

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS