トピックス

ジャズの止まらない快進撃に、ヤニス・アデトクンボも「彼らはウェストで最高のチーム」

昨年のプレイオフ1回戦、ユタ・ジャズはデンバー・ナゲッツに3勝1敗とリードしながらも、その後に3連敗を喫してシーズンを終えることになりました。今季、彼らは悔しさをバネに快進撃を続けています。

ジャズはここまで21勝5敗でウェスタン・カンファレンス首位。昨年王者のロサンゼルス・レイカーズも好調を維持するなか、ジャズは彼らを上回る勝率を記録しています。さらに驚くべきことは、直近18試合のうち17試合に勝利しているということでしょう。このうちの多くは今季に苦戦を強いられているチームとの対戦でしたが、それでも一部は強豪チームとの対戦もありました。特に注目すべきは、同期間中にイースタン・カンファレンス2位のミルウォーキー・バックスに2度も勝利しているということです。

そのうちの一つは2月12日(日本時間13日)に行われた最近の試合でした。ジャズは前半を69-52とリードして折り返すと、第3クォーターにはこの日最大となる21点差をつけ、バックスに反撃の機会を与えることなく129-115で快勝しました。ルディ・ゴベアとジョー・イングルズが27得点、ドノバン・ミッチェルが26得点、ジョーダン・クラークソンが25得点を記録しており、『ESPN Stats & Info』によれば、1試合で4人の選手が25得点以上を記録したのは、球団史上初の偉業でもありました。

彼らの見事な試合運びに、バックスのヤニス・アデトクンボも称賛の声を上げるしかありませんでした。『ESPN』のエリック・ウッドヤード記者によれば、直近2シーズンのMVPは試合後、ジャズについて「彼らはウェストで最高のチーム」と語りました。

「彼らは楽しんでいて、簡単にプレイしているように見える。シンプルに見えるよ。確かに昨季の僕らのようだ。あの時点で自信を持ってプレイしているチームに勝利するのは、間違いなく難しいことだ」

さらに興味深いことに、今季のジャズは、球団史上最高のシーズンとして知られる1996-97シーズンに非常に近い成績を残しているようです。当時のジャズはカール・マローンとジョン・ストックトンがチームを牽引し、NBAファイナルではマイケル・ジョーダンを擁するシカゴ・ブルズと激闘を繰り広げました。

こちらもオススメ
マイケル・ジョーダンの影に隠された、不運な”トッププレイヤー”ことカール・マローン

1996-97シーズンのジャズの成績(26試合終了時点)

  • 20勝6敗
  • ネット・レーティング(100ポゼッションあたりの得失点差):+9.1ポイント
  • オフェンシブ・レーティング(100ポゼッションあたりの得点):リーグ4位
  • ディフェンシブ・レーティング(100ポゼッションあたりの失点):リーグ7位

今季のジャズの成績(26試合終了時点)

  • 21勝5敗
  • ネット・レーティング:+8.7ポイント
  • オフェンシブ・レーティング:リーグ4位
  • ディフェンシブ・レーティング:リーグ3位タイ

2017年のドラフトでミッチェルを獲得して以降、ジャズはウェストの強豪チームとしての地位を確立してきました。そろそろ次のステップに進む時が来ているのでしょう。彼らは優勝を争えるチームとしての自信をつけています。

こちらもオススメ
シャキール・オニールのドノバン・ミッチェルに対する批評に、元チームメイトのリッキー・ルビオが反論「批判するのはやめるんだ」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS