トピックス

元相棒ブラッドリー・ビールの試合を全てチェックしているジョン・ウォール「観たくない奴なんているのか?」

ジョン・ウォールは昨年12月上旬、10年間を過ごしたワシントン・ウィザーズからヒューストン・ロケッツにトレードされました。当初、ウォールがチームにトレードを要求したことが噂になっていましたが、1月26日(日本時間27日)に行われた古巣との初対戦の前、ウォールは自身のトレード交渉が進んでいることを知らされていなかったと明かしました。

関連記事
トレード後にウィザーズと初対戦を迎えるジョン・ウォール「終わったと思ってトレードしたチームを倒したくないわけがない」

そのため、ウォールは今でも元チームメイトを陰ながら応援しています。『The Athletic』のフレッド・カッツ記者によれば、ウォールは今季のウィザーズの試合を全てチェックしており、なかでも相棒としてウィザーズの強力なバックコートを共に築き上げてきた、ブラッドリー・ビールの活躍に注目していると語りました。

「”(ウィザーズの試合を)まだ全部観ている”って皆に言ってるよ。ブラッドリー・ビールを観たくない奴なんているのか?彼の数字やプレイを応援したい。ブラザーであることを除いても、彼は素晴らしいバスケットボール選手だ」

ウィザーズが6勝17敗でイースタン・カンファレンス最下位に沈むなか、ビールはリーグ最多の平均32.8得点を記録しており、個人的にはキャリア最高のシーズンを送っています。

一方、約2年間のリハビリを経て2020-21シーズンに復帰したウォールは平均19.1得点、3.9リバウンド、6.1アシストを記録しています。負傷以前の5年連続オールスター選出を果たした頃のような生産性は無いものの、彼は今でも新天地で堅実な活躍を続けています。

2月15日(同16日)、ウォールとロケッツは再びウィザーズと対戦することになります。ただ、ロケッツのホームで試合が行われた前回とは異なり、今回はウィザーズのホームで試合が行われます。ファンは元気にプレイする彼に立ち会うことができませんが、ウォールは大きな歓迎を受けることになるだろうと語りました。

「正直に言うと、とてつもない歓迎になると思う。それ以上は期待してないさ。逆にそれ以下だったらショックを受けるよ」

こちらもオススメ
ジェームズ・ハーデンのトレードがいかに良いことであったかを語るジョン・ウォール

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS