リポート

NBAが新型コロナウイルスの対策プロトコルを更新、選手の離脱期間はいつまで?

2020/11/30

新型コロナウイルス感染の懸念が消えない中でNBAの2020-21シーズンを開幕させるにあたって、リーグは全てのチームに対して134ページに及ぶ”安全衛生プロトコルガイド”を送達しました。2020-21シーズンは、2019-20シーズン再開後のバブル(隔離環境)のようなものがあるわけではありません。したがって、リーグは選手やスタッフに新型コロナウイルスの陽性反応者や、感染の疑いがある者が出た場合に備え、新たに適切な対処方法を考え出す必要がありました。 『ESPN』のティム・ボンテンプス記者によれば、シーズン ...

ReadMore

トピックス

懸念されるジュリアス・ランドルと新人オビ・トッピンの適合性

2020/11/29

ニューヨーク・ニックスは今年のNBAドラフトでデイトン大のパワーフォワードのオビ・トッピンを指名しました。しかし、既存のパワーフォワードであるジュリアス・ランドルとの適合に関しては、少なからず懸念があるようです。 問題となっているのは、ランドルとトッピンの両方が完全にパワーフォワードの型にはまっていることです。『New York Post』のマーク・バーマン記者によると、両者ともにスモールフォワードでプレイできる汎用性が無ければ、センターとして長時間のプレイを可能とするサイズも無いと、多くのスカウトは考え ...

ReadMore

トピックス

息子ラメロ・ボールの新人王受賞に絶対的な自信のラバー・ボール「頭がおかしいんじゃないか?」

2020/11/29

2017年のNBAドラフトで息子のロンゾ・ボールがロサンゼルス・レイカーズに全体2位で指名された後、父のラバー・ボールは過激な発言によってバスケットボール界から一躍注目を浴びるようになりました。近年、ラバーの勢いは弱まってきたように思われていましたが、今年のドラフトで末っ子のラメロ・ボールがシャーロット・ホーネッツに全体3位で指名して以降、彼は息を吹き返しているようです。 ラバーは最近の『Bleacher Report』のティム・ダニエルズ記者とのインタビューの中で、ラメロが新人王を受賞できるかどうかとい ...

ReadMore

トピックス

優勝を経験したことでドワイト・ハワードが気付いたこと

2020/11/28

昨季、ドワイト・ハワードがロサンゼルス・レイカーズとミニマムサラリーで契約を結び、利己的なプレイスタイルを諦める決断を下した時、以前の彼を知る多くの人々が衝撃を受けました。 しかし、その見返りが非常に大きかったことも事実でした。レイカーズは2019-20シーズンの王者となり、それはハワードにとってもキャリア初の優勝となったためです。言うまでもなく、チームに徹したハワードの貢献は素晴らしいものでした。 そして優勝を経験したことによって、ハワードは自身のキャリアを振り返り、一つの結論に辿り着いたようです。『P ...

ReadMore

トピックス

ジャベール・マギーがレイカーズに感謝の言葉、新天地キャバリアーズへの意気込みも綴る

2020/11/28

32歳のセンターであるジャベール・マギーは12年間に渡ってNBAでプレイを続けてきたため、リーグのビジネスがどのようなものであるかを理解しています。とはいえ、昨季にロサンゼルス・レイカーズで優勝を果たした後、このオフシーズンにクリーブランド・キャバリアーズにトレードされることになったビジネスには、自身の胸中をSNSで共有せずにはいられませんでした。 マギーは2年間をお世話になったレイカーズに感謝の言葉と、新天地となるキャバリアーズへ向かう意気込みをインスタグラムで綴りました。 過去2年間、王者となったレイ ...

ReadMore

トピックス

契約延長の喜びをプールに飛び込んで表現するドノバン・ミッチェル「長年の努力と献身が報われた」

2020/11/28

ユタ・ジャズの24歳のガードであるドノバン・ミッチェルは、このオフシーズンにチームと5年最大1億9,500万ドルの契約延長を結びました。現時点で保証されているのは5年1億6,300万ドルですが、2020‐21シーズンにミッチェルがオールNBAチームに選出された場合は5年1億9,500万ドルの契約に昇給されます。この新たな契約は2021‐22シーズンから開始されます。 契約延長後、ミッチェルは自身の喜びを表現するため、自宅のプールに飛び込む映像をインスタグラムで投稿しました。 .@spidadmitchel ...

ReadMore

トピックス

再び懐疑的な評価をされるラプターズも、フレッド・ヴァンブリートは「ワクワクしている」

2020/11/28

トロント・ラプターズはこのオフシーズンに、最優先事項であったガードのフレッド・ヴァンブリートと4年8,500万ドルで再契約を結ぶことができました。しかし、全体的な補強に目を向けると、彼らがオフシーズンの勝者に分類されると考えることは難しいでしょう。チームの主要なフロントコートのメンバーであるサージ・イバカはロサンゼルス・クリッパーズと契約を結び、マルク・ガソルはロサンゼルス・レイカーズと契約を結びました。 イースタン・カンファレンスのいくつかのチームは、このオフシーズンに大きな補強に動いています。一方、ラ ...

ReadMore

トピックス

スティーブン・アダムスがサンダーに感謝の言葉「常に楽しく、退屈にならなかった」

2020/11/27

27歳のセンターのスティーブン・アダムスは、2013年のNBAドラフトでオクラホマシティ・サンダーに全体12位で指名されて以降、6シーズンの全てをサンダーに尽くしてきました。そして先日、ドリュー・ホリデーのミルウォーキー・バックスへの移籍を含む4チーム間トレードの一部として、アダムスはニューオーリンズ・ペリカンズへトレードされることになりました。 アダムスは自身をリーグで価値のあるセンターに変えてくれたサンダーの組織やファンに対し、ツイッターで感謝の言葉を述べています。 さようならオクラホマシティ、7年前 ...

ReadMore

トピックス

マイケル・ジョーダンとの比較に、ケビン・デュラントは「まだ彼のプレイを見て学んでいるレベル」

2020/11/27

最近の『First Take』のエピソードの中で、マイケル・ジョーダンとケビン・デュラントのどちらがNBA史上最高のスコアラーであるか、マックス・ケラーマンとケンドリック・パーキンスの間で激しい議論が行われました。 その議論はツイッターを介してデュラント自身の耳まで届きました。そして彼はジョーダンがいかに偉大な存在であるかを指摘することによって、史上最高のスコアラーの議論から自身を取り除くべきであるとツイートしました。 MJ(マイケル・ジョーダン)は神のレベルに到達した比類なき勝者だ。自分はまだ彼のプレイ ...

ReadMore

トピックス

セルティックスと5年1億9,500万ドルの契約延長を結んだジェイソン・テイタム「ずっとここに居るつもり」

2020/11/27

ボストン・セルティックスは、22歳のフォワードのジェイソン・テイタムと5年1億9,500万ドルの契約延長を正式に結んだことを発表しました。双方はこの契約に満足しており、今後数年間でさらに高みを目指すことにワクワクしているでしょう。 契約延長後、テイタムは次のようにコメントを残しました。 「この機会を与えてくれたセルティックスと、ボストンの街に感謝している。この街、この組織、そしてNBAで最高のファンである皆が大好きだ。ずっとここに居るつもりだよ」NBA.com 以前から、セルティックスとテイタムの契約延長 ...

ReadMore

© 2020 NBA TOPICS