アンソニー・デイビスはまだトレードを要求している、指揮官はまだ引き留められると信じている

(引用元:flipboard.com)

5月14日(日本時間15日)に行われたNBAドラフトロッタリー2019で、ニューオーリンズ・ペリカンズは全体1位指名権を獲得し、最高の勝者となりました。

 

しかしそんな勝利があったにも関わらず、『The Athletic』のシャムズ・シャラニア氏によれば、ペリカンズのアンソニー・デイビスは依然としてトレードを要求していると伝えています。

 

「リーグの情報筋によると、ニューオーリンズ・ペリカンズは、ザイオン・ウィリアムソンのフランチャイズとする準備がされている。彼(アンソニー・デイビス)のトレードに対する姿勢は変わっていない。」



今年1月、デイビスはペリカンズにトレードを要求し、NBAから罰金が科されることになりました。

 

この話題はペリカンズにとって非常に厄介なものですが、それでもペリカンズのアルビン・ジェントリーHCは、まだデイビスを引き留めることができると信じているようです。

 

彼は『Yahoo Sports』に対し、次のように語りました。

 

「ここで特別なものを築き上げており、それが1年や2年で終わるようなものではないと、(デイビスに)教えてあげよう。これは長く続くものになるだろうからね。彼はまだ我々のチームの選手だ。(2020年の)1月まで、彼は我々のチームの選手なんだよ。」

 

実際のところ、トレードをするかしないかを決めるのはフロントオフィスであり、デイビスではないため、もしもフロントオフィスがデイビスウィリアムソンのデュオを1年間でも実現させたいと思うなら、おそらくそれは叶うでしょう。

 

デイビスにとって、ウィリアムソンは自身のトレードを取り下げるには不十分だと考えていますが、少なくともジェントリー氏はデイビスの引き留めに力を入れようとしているため、かなり興味深い話題となっています。



結局ペリカンズは、デイビスを放出すべきなのか、それとも残すべきなのか…

 

ただ一つ言えるのは、いかなる時もスーパースターの処遇は悩みのタネが多いということでしょう。

 

アンソニー・デイビスはトレードすべき?

NBAドラフト2019の指名順が決定!”勝者”と”敗者”は?

2019-05-15

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください