トピックス

第4クォーターに流れを変えたブルック・ロペス「追い続け、苦しめ続ける」

5月15日(日本時間16日)に行われた、トロント・ラプターズ対ミルウォーキー・バックスのイースタン・カンファレンス決勝第1戦は、バックスが108-100でラプターズを下し、シリーズ成績を1勝0敗としました。

バックスのブルック・ロペスは、第3クォーターが終わるまでイライラしていたことでしょう。

彼のスリーポイントシュートは、第3クォーター終了時点で6本中1本の成功に留まっていたからです。

▲第3クォーターまでのロペスのショットチャート

それと同様に、一度リードを奪われたバックスは、第3クォーターまで追いつくことは出来ませんでした。



しかし、第4クォーターに入ると、状況は一転します。

ロペスは、第4クォーターだけで5本中3本のスリーポイントシュートを沈め、このクォーターでチーム最多の13得点を記録しました。

▲第4クォーターのロペスのショットチャート

試合後、ロペスは次のように語りました。

「追い続け、苦しめ続け、僕たちは追いついた。僕たちは(追うことを)やめないよ。僕たちにそんなDNAは全く無いと思うからね。」

終わってみれば、ロペスはプレイオフ自己最多となる29得点を挙げたほか、13リバウンドも記録しています。

ロペスが29得点以上を記録したのは2018年3月9日(日本時間10日)のデンバー・ナゲッツ戦以来であり、11リバウンド以上を記録したのは2017年10月20日(同21日)のフェニックス・サンズ戦以来です。

そして何より、ロペスの素晴らしいパフォーマンスを見せた時間帯が、重要なクラッチタイムにあったことです。

1点ビハインド(99-100)の第4クォーター残り2分20秒には、ラプターズのカイル・ラウリーの上からダンクを叩き込んで逆転しました。

それから、立て続けにスリーポイントシュートを決めてリードを4点に…

さらにはタイムアウト明け直後のプレイでは、ラプターズのカワイ・レナードの前に立ち塞がり、得点を与えませんでした。

バックスのヤニス・アデトクンボは、ロペスについてこう語っています。

「これが僕たちが知っていて、大好きなロペスなんだ。特にこのシリーズでは、彼に積極的になってほしいね。」



この一戦は、バックスにとってかなり重要な試合だったと言えるでしょう。

ラプターズが第7戦で劇的な勝利を飾ったあと、少ない休みを経て第1戦に勝利すれば、さらに手が付けられなくなっていたかもしれないからです。

バックスはかなり低調なスタートを切りましたが、ロペスの活躍は最終的にそれを救いました。

アデトクンボは、こう語ります。

「全ての試合が爆発的なものになるとは限らないから、僕たちはこういった試合に勝利することが必要だと思う。全ての試合が簡単に勝てるわけじゃない。そしてこの試合のおかげで、僕たちはもっと良くなれたと思うよ。」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS