第4クォーターに流れを変えたブルック・ロペス「追い続け、苦しめ続ける」

(Photo by Nathaniel S. Butler/NBAE via Getty Images).

5月15日(日本時間16日)に行われた、トロント・ラプターズ対ミルウォーキー・バックスのイースタン・カンファレンス決勝第1戦は、バックスが108-100でラプターズを下し、シリーズ成績を1勝0敗としました。

 

バックスのブルック・ロペスは、第3クォーターが終わるまでイライラしていたことでしょう。

 

彼のスリーポイントシュートは、第3クォーター終了時点で6本中1本の成功に留まっていたからです。

 

▲第3クォーターまでのロペスのショットチャート

 

それと同様に、一度リードを奪われたバックスは、第3クォーターまで追いつくことは出来ませんでした。



しかし、第4クォーターに入ると、状況は一転します。

 

ロペスは、第4クォーターだけで5本中3本のスリーポイントシュートを沈め、このクォーターでチーム最多の13得点を記録しました。

 

▲第4クォーターのロペスのショットチャート

 

試合後、ロペスは次のように語りました。

 

「追い続け、苦しめ続け、僕たちは追いついた。僕たちは(追うことを)やめないよ。僕たちにそんなDNAは全く無いと思うからね。」

 

終わってみれば、ロペスはプレイオフ自己最多となる29得点を挙げたほか、13リバウンドも記録しています。

 

 

ロペスが29得点以上を記録したのは2018年3月9日(日本時間10日)のデンバー・ナゲッツ戦以来であり、11リバウンド以上を記録したのは2017年10月20日(同21日)のフェニックス・サンズ戦以来です。



そして何より、ロペスの素晴らしいパフォーマンスを見せた時間帯が、重要なクラッチタイムにあったことです。

 

1点ビハインド(99-100)の第4クォーター残り2分20秒には、ラプターズのカイル・ラウリーの上からダンクを叩き込んで逆転しました。

 

 

それから、立て続けにスリーポイントシュートを決めてリードを4点に…

 

 

さらにはタイムアウト明け直後のプレイでは、ラプターズのカワイ・レナードの前に立ち塞がり、得点を与えませんでした。

 

 

バックスのヤニス・アデトクンボは、ロペスについてこう語っています。

 

「これが僕たちが知っていて、大好きなロペスなんだ。特にこのシリーズでは、彼に積極的になってほしいね。



この一戦は、バックスにとってかなり重要な試合だったと言えるでしょう。

 

ラプターズが第7戦で劇的な勝利を飾ったあと、少ない休みを経て第1戦に勝利すれば、さらに手が付けられなくなっていたかもしれないからです。

 

バックスはかなり低調なスタートを切りましたが、ロペスの活躍は最終的にそれを救いました。

 

アデトクンボは、こう語ります。

 

全ての試合が爆発的なものになるとは限らないから、僕たちはこういった試合に勝利することが必要だと思う。全ての試合が簡単に勝てるわけじゃない。そしてこの試合のおかげで、僕たちはもっと良くなれたと思うよ。」

 

(参考記事:Lopez’s big 4th quarter rescues Bucks in Game 1

【NBAプレイオフ2019】カンファレンス決勝の勝敗予想!【イースト編】

2019-05-15

昨年のハードルを超え、18年ぶりのカンファレンス決勝へ――バックスの証明は終わらない

2019-05-09

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください