トピックス

カワイ・レナードとスパーズの信頼関係が崩壊した理由について叔父が言及

カワイ・レナードは、トロント・ラプターズを球団史上初のNBAファイナルに導いたことで、大きな注目を集めています。

そして、レナードの叔父でありながら、彼のキャリアやビジネスの実務者でもあるデニス・ロバートソン氏は、先日行われた講演で、レナードが成し遂げた快挙を誇らしいと語りました。

「NBAファイナルに進むのは大変なことだ。ファイナルに進んだことのないチームだっただけに、私たちは満足している。昨年経験したことを踏まえれば、良い気分だよ。彼が成し遂げたことは、凄いことなんだ。これぞスターがやることだね。彼がコートの内外でどんな対処をしたかを考えれば、(NBAファイナルに進出は)当然のことだよ。」



その講演の中でより興味深かったのは、昨季にレナードとサンアントニオ・スパーズの間で亀裂が生じたことについて、ロバートソン氏が言及したということです。

昨季のレナードは大腿部の負傷により、わずか9試合しか出場しませんでしたが、スパーズのメディカルスタッフはそれすらも反対していたようでした。

ロバートソン氏は、それが双方にとって大きな問題であったと語っています。

「それが、ちょうど信頼の欠如に繋がったと思う。彼らはカワイがプレイできないと信じていなかったため、それが私たちへの信頼の欠如を引き起こし、私たちも彼らを信じなくなった。彼らが信じていなかったから、関係は回復せず、私たちは先に進まなければならないと決めたんだ。」

そして昨年のオフに、レナードはスパーズからラプターズへトレードされることとなりました。

当初は、ラプターズにとってもこのトレードは相当リスキーなものでしたが、今ではほぼ最高の結果を生み出しています。

NBAファイナル進出を決めた試合の後には、ラプターズの球団社長であるマサイ・ウジリ氏がレナードについて、「トロントに居ることが嬉しい」とまでコメントしました。

この夏、レナードはフリーエージェントとなることができますが、彼にとって重要なのはそこではありません。

レナードは、次のように語りました。

「僕たちはフリーエージェントについて考えていない。(今のところは)ウォリアーズとの対戦について考えているよ。シーズンが終われば、フリーエージェントに目を向けるだろうね。だけど、今はただ楽しんでいるだけだよ。素晴らしい年なんだ。」

レナードとラプターズの今季は、まだ終わっていません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS