トピックス

第1戦でラプターズを勝利に導いた、パスカル・シアカムの英雄的なパフォーマンス

トロント・ラプターズのパスカル・シアカムのキャリアが、この先どうなるかは誰にも分かりませんが、現時点で彼のキャリアは最高潮と言っても過言ではないでしょう。


ゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナル第1戦、シアカムは32得点、8リバウンド、5アシスト、2スティール、フィールドゴールは17本中14本を成功させ、ラプターズにファイナル初勝利をもたらしました。

その英雄的なパフォーマンスは、ウォリアーズの指揮官であるスティーブ・カーHCさえも唸らせます。

「シアカムが輝いていたよ。あらゆる場所からショットを決めていたね。」

シアカムの活躍により、ラプターズは想像していた以上にカワイ・レナードや、カイル・ラウリーに頼る必要がありませんでした。

もし、彼がこのパフォーマンスを続けられるのであれば、ウォリアーズがファイナルで苦戦するのは言うまでもありません。

『Elias Sports Bureau』によれば、シアカムは試合の中で11本連続でショットを決めており、これは過去20年間で最も長いストロークとなっています。

▲第1戦でのシアカムのショットチャート

また、ファイナルで30得点以上かつフィールドゴール成功率80%以上を記録した選手は、2004年のロサンゼルス・レイカーズのシャキール・オニール以来です。

ラプターズのニック・ナースHCは、シアカムのプレイを称賛しました。

「彼は本当に落ち着いてプレイしていたよ。自分のスポットに立ち、落ち着き、我慢し、広がる必要があればそうした。彼は本当に難しいことをやってくれたね。」

7年前、ラプターズのゼネラルマネージャーであるマサイ・ウジリ氏は、アフリカで開催されたバスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・キャンプで、10代だったシアカムに出会っています。

まだまだ調整は必要でしたが、それでもシアカムの努力はウジリ氏の印象に深く残りました。

それからシアカムはアメリカに引っ越し、ニューメキシコ大でバスケットボールをしました。

試合後、シアカムは次のように語っています。

「こんな夢のようなレベルに居るとは、想像もしなかったよ。僕なんかじゃ届かなかったから、この瞬間を考えることすらしなかったんだ。」

2016年のドラフトで、ラプターズは全体27位でシアカムを指名しました。


ウジリ氏は、ドラフトでリスクを犯すことで知られていましたが(過去にはブルーノ・カボクロや、ルーカス・ノゲイラを指名)、それでも特別な選手になる可能性があるという期待を持って、シアカムを獲得することにしたのです。


それでもウジリ氏でさえ、シアカムが今季に最優秀躍進選手賞(MIP)を受賞する目前まで来ることは、予想できませんでした。

ウジリ氏は、次のように語ります。

「バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズで彼を見た時は、全然だったよ。私たちは全てを知っているように行動したいけど、そうはいかない。あの男(の成長)は素晴らしいね。今年、パスカルはオールスターに選出されるべきだったと思うよ。」

一方で、シアカムにマッチアップしたウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、シアカムを抑えられなかった理由を自分の責任だと語りました。

「前半、第1クォーターから、彼にリズムを与えてしまった。僕は彼にリズムを与えないために、もっと良い仕事をしなくてはいけない。彼は素晴らしかった。それでも、責任は僕にあるね。」

おそらく、第2戦でグリーンはよりエネルギッシュに、シアカムを止めようとするでしょう。

ウォリアーズが勝つわけでもなく、レナードが大活躍をしたわけでもない想定外の試合は、第1戦と言えどシリーズの今後をさらに面白くしてくれそうです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-, ,

© 2021 NBA TOPICS