満身創痍のウォリアーズ、精神的に落ち着くラプターズ

(Gregory Shamus/Getty Images/TNS)

トロント・ラプターズは、ホームでのNBAファイナル第2戦に敗れたことで1勝1敗となり、このシリーズにおけるホームコートアドバンテージを失いました。

 

しかし彼らにとって、ファイナルで勝ち抜くという信念が揺らいだわけではありません。

 

ラプターズのフレッド・ヴァンブリートは敗戦後、次のように語りました。

 

「俺たちは、第3戦に向けてもっと上手くプレイしなければならないし、ロードでよりハードになることも分かっている。だけど、俺たちには才能があるから、何を発揮できるか理解しているよ」



第2戦の敗戦から精神的に立ち直る必要があるラプターズに対し、ゴールデンステート・ウォリアーズは満身創痍の状態で第3戦に挑む必要があるでしょう。

 

ケビン・デュラントは右ふくらはぎの怪我により7試合連続で欠場しており、クレイ・トンプソンは軽度な左ハムストリングの負傷と診断され、第3戦の出場は未定となっています。

 

ケボン・ルーニーは転位のない第1肋軟骨骨折と診断されて無期限離脱を余儀なくされ、デマーカス・カズンズがインスタグラムで投稿した写真には、空港内を車椅子で移動するアンドレ・イグダーラの姿が映されていました。

 

しかし、おそらく全員が万全のコンディションであったとしても、ウォリアーズが浮かれていることはなかったでしょう。

 

ウォリアーズは5年連続NBAファイナル進出の中で、勢いによる影響力を理解したからです。

 

イグダーラは、次のように語りました。

 

「(勢いによって)とても変化するね。彼ら(ラプターズ)は、前のシリーズで0勝2敗とされながら、4連勝でそれを乗り越えてきた。(カンファレンス準決勝で)俺たちはホームで2勝し、ヒューストン(ロケッツのホーム)で2試合に敗れたことで、誰もが終わったと思っていたね。途中で勝利するというのは、このシリーズの試合から試合における感情の変化で、俺たちの助けとなるはずだよ」



ウォリアーズは5月16日(日本時間17日)以来となるホームで、第3戦を迎えることができます。

 

彼らが勝利すれば、勢いはさらに増幅され、シリーズの優位性をより強調できることになるでしょう。

 

ウォリアーズのリザーブであるクイン・クックは、次のように語りました。

 

「明らかに、俺たちが主導権を握っているけど、ベンチが活躍しなければ長いシリーズとなる。彼ら(ラプターズ)が、ファイナルで疲れることは無いだろうね。試合の間に2日がある。俺たちと同様に、彼らは水曜日にはハングリーになっているはずだ。俺たちは、とにかく良くなり続けなければいけないね」

 

ラプターズは第3戦、あるいは第4戦で勝利すれば、ウォリアーズの勢いを止めることができるでしょう。

 

ラプターズのカワイ・レナードは、次のように語りました。

 

「重要なのは4つだけ。4勝することだ。それができるなら、2勝目、3勝目は問題ではない。一度に一つの試合で、逆境を乗り越えるだけなんだ

 

勢いという点では、この第3戦や第4戦は、非常に大きな意味を持つかもしれません。

 

(参考記事:Raptors OK mentally, Warriors shaky physically in NBA Finals

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください