考察

レイカーズが2019-20シーズンで成功するために必要な3つのもの

ロサンゼルス・レイカーズはロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、ジョシュ・ハート、3つの1巡目指名権を手放すことで、ニューオーリンズ・ペリカンズからアンソニー・デイビスを受け取り、優勝へ向けて準備を進めています。

しかし、まだやるべきことはあるでしょう。

3人目の大物フリーエージェントを獲得するためのキャップスペースを確保するのもそうですが、他にもレイカーズは2019-20シーズンで成功するために必要な3つのものがあります。



優れた先発ポイントガード

今やNBAはポイントガードのリーグと言っても過言ではありません。

それを裏付けるように、過去6年間でNBAチャンピオンに輝いたチームは全て、その年のオールスターに出場していたポイントガードが在籍していました。(サンアントニオ・スパーズ:トニー・パーカー、ゴールデンステイト・ウォリアーズ:ステフィン・カリー、クリーブランド・キャバリアーズ:カイリー・アービング、トロント・ラプターズ:カイル・ラウリー)

そして、ウェスタン・カンファレンスにはカリー、ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)、デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)を始めとした、優れた才能のあるポイントガードが集まっています。

彼らに対抗するには、やはりレイカーズも優れた先発ポイントガードを確保すべきでしょう。

昨季、ボールハンドリングの責任は主にレブロン・ジェームズ、ブランドン・イングラム、カイル・クーズマが担っており、レブロンがチーム最多の1試合あたり平均8.3アシストを記録しました。

イングラムやボールがトレードされた今、レイカーズが確立されたポイントガードをロスターに加えることが出来るなら、レブロンやクーズマはパスではなく得点にも目を向けることができます。

今夏のフリーエージェントとしてはカイリー・アービングやケンバ・ウォーカー、ディアンジェロ・ラッセル、トレードではクリス・ポール…

誰を選ぶにしろ、レイカーズは1997-98シーズンのニック・ヴァン・エクセル以来となる、オールスターのポイントガードを獲得することが重要かもしれません。

アウトサイドシューター

昨季のレイカーズは明らかにアウトサイドシュート苦しんでおり、スリーポイントシュート成功率はリーグ29位の33.3%に終わりました。

レブロンは圧巻のドライブで相手の注意を引き、デイビスはペイント内でダブルチームをかけられる頻度を増やすことでしょう。

しかし、いくら彼らが囮になったところで、信頼できるアウトサイドシューターが居なければ、彼らの才能は無駄となってしまいます。

幸いにも、今夏はレイカーズを助けることができる優秀な3&Dプレイヤーが出回っているため、そういった選手を獲得できるかはレイカーズのフロント次第です。

ベンチの層

昨年の夏、レイカーズはラジョン・ロンド、ランス・スティーブンソン、ジャベール・マギーといった選手と1年間の契約を結び、シーズン途中にはタイソン・チャンドラーを獲得しましたが、今夏に彼らが再契約する保証はありません。

デイビスのトレードを行なった後、レイカーズのベンチには誰が残るでしょうか?

アイザック・ボンガ、アレックス・カルーソ、モリッツ・ワグナー、ジョナサン・ウィリアムズ、そしてジェメリオ・ジョーンズ…

誰の目から見ても、ベンチの層が薄いのは明らかです。

レブロン、デイビス、クーズマらは確実な第一線の選手ですが、昨季と同じように2019-20シーズンでも誰かが怪我をしたら、その時点でチームは崩壊するでしょう。

優勝するためにはいくらかのビッグネームが必要ですが、それと同じくらいベンチの層を整えることも重要なのです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-

© 2022 NBA TOPICS