ディアンジェロ・ラッセルの再トレードについて言及したウォリアーズ球団社長

ゴールデンステート・ウォリアーズはサイン・アンド・トレードでディアンジェロ・ラッセルを獲得しましたが、一部では彼を再びトレードするという噂が絶えません。

近いうち、ウォリアーズはラッセルとは別の資産を得ようとしているのでしょうか?

この噂について、ウォリアーズの球団社長であるボブ・マイヤーズ氏が答えました。



マイヤーズ氏によれば、ラッセルの再トレードは事実ではないと主張します。

「彼をトレードするだけの目的で契約したわけじゃない。私たちは、彼が私たちのユニフォームでプレイしているのを見たことが無いし、多くの人々が既にトレードを持ちかけてきている」

「それは私たちがやろうとしていることではないよ。私たちが持っているものを見てみよう。彼が何なのか見てみよう。彼がどうフィットするのか見てみよう。フロントオフィスやコーチングスタッフ、組織の仕事の一部は、それらがどのように機能するのか見届けるということだ」

トンプソンが復帰してきた時にラッセルをトレードするという噂もありますが、マイヤーズ氏はウォリアーズが今に焦点を当てていると語ります。

「私たちは、今何をしているのか把握する必要がある。それはディアンジェロのような選手に当てはまるね。彼がプレイしたことさえ見ていないのに、私たちが彼を動かすという憶測があるからだ。多くの利点を持つ若い選手が得られたのは、嬉しいことだよ」


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。