トピックス

クリス・ポールとの関係について明かしたジェームス・ハーデン「僕たちは良い関係」

実際のところ、ヒューストン・ロケッツのジェームス・ハーデンは、元チームメイトのクリス・ポールとの関係をどう捉えていたのでしょうか?

先日、ハーデンは『Houston Chronicle』に対し、ポールとの関係悪化の噂について次のように語っています。

「多くが誤った話だったね。もちろん僕たちはチームメイトとして、競争者としてコート内で主張し合う。コート内で意見の相違はあるが、それはバスケットボールのほんの一部に過ぎない。誰だろうと関係なく、どんなレベルのバスケットボールにもあることだよ」



加えて、ハーデンはポールとコミュニケーションを取り続け、チームメイトでなくなった後も、互いに落ち着いた関係を続けていると語りました。

「全てのネガティブなメディアの情報や、起こっていたことは、事実では無かった。僕とクリスは絶えずコミュニケーションを取り続け、良い関係だよ」

6月にポールがトレードを要求していると噂され、一ヶ月も経たないうちに彼がオクラホマシティ・サンダーへトレードされたのは、非常に大きな話題を呼ぶことに繋がりました。

しかし、ハーデンは真実を知っていたため、動揺することはなかったと言います。

「僕は真実を知っていたから、動揺することはなかったね。テレビで虚偽の話を推測して構成し、人々がそれを信じているなんてとても滑稽だ。メディアや全国のテレビに情報を挙げる前に、事実確認をする必要がある。でも個人的には、僕もクリスもそうだけど、そんなことは気にしていなかったね」

代わりに、ハーデンはポールに称賛の言葉を残しました。

「クリスは、この2年間で素晴らしい選手だった。彼は指導者として、メンターとして、あらゆる良い部分として僕を助けてくれたんだ。僕はそれが人生だと思う。それがビジネスでは上手くいかないだけなんだ。彼は僕にとって、ネガティブなことなど何も無い素晴らしい男さ

-トピックス
-,

© 2020 NBA TOPICS