ディアンドレ・ジョーダンがネッツと契約した理由

出典:heavy.com

昨季の最後の3ヶ月をニューヨーク・ニックスで過ごした後、ディアンドレ・ジョーダンはブルックリン・ネッツと4年4,000万ドルで契約を結びました。

 

なぜ、ジョーダンはニックスとの再契約ではなく、ネッツとの新たな契約を選んだのでしょうか?

 

『New York Times』によれば、ジョーダンケビン・デュラントと親友であり、「マディソン・スクエア・ガーデン(ニックスの本拠地)よりもバークレイズ・センター(ネッツの本拠地)の方が、デュラントと(カイリー)アービングをより歓迎してくれる状況」と伝えていたようです。

 

もしそれが事実であるならば、ジョーダンの経験や印象が自身の移籍先だけでなく、デュラントアービングの移籍先さえも決定付けていたのかもしれません。



先日出版された『Gothamist』の記事の中で、ジョーダンは自身のフリーエージェントの決断について、次のように言及しました。

 

「ニックスの文化を批判しているわけではない。でも、(ネッツのヘッドコーチである)ケニー(アトキンソン)や、(ゼネラルマネージャーである)ショーン(マークス)のやっていることは素晴らしく、組織は隅から隅まで優れていたんだ。特に他の偉大な選手とプレイして、何かを構築する機会があるなら、その一部になりたいんだ」

 

この答えを見るに、ニックスが昨季65敗を喫したことよりも、ネッツがプレイオフに進んだということの方が、ジョーダンにとっては重要だったかもしれません。

 

それにアトキンソンHCの下でのネッツは、ペースやスリーポイントシュートを重点に置いた独特なプレイスタイルだったのに対し、デイビッド・フィズデイルHCの下でのニックスはアイデンティティに欠けていたことも、移籍先の決断を分ける要因だった可能性があります。

 

ジョーダンはニューヨークでプレイすることを受け入れていましたが、フリーエージェントとなった暁には、別のチームでプレイすることを望んでいたのでしょう。

 

彼はネッツについて、次のように語りました。

 

「このチームには多くのタレントが揃っている。ケビンは辛い怪我をしていて、しばらくの間は離脱することになるけど、彼は素晴らしい進捗で、素早い回復を見せている。彼が元気になれば、僕たちはもっと良くなるだろうね」

 

2017年のオールスターも、デュラントが復帰するまでの間に、アービングと共にネッツにどんな影響を与えられるか注目です。

(参考記事:DeAndre Jordan explains why he and his star buddies chose the Nets

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください