ラプターズのスーパーファンが、カワイ・レナードの永久欠番に猛反対

出典:thestar.com

優勝したにしろ、しなかったにしろ、トロント・ラプターズがカワイ・レナードの背番号『2』を永久欠番にするのかどうか、意見が分かれるところでしょう。

 

1995年のチーム創設以来、毎年シーズンチケットを購入しており、ラプターズの”スーパーファン”として知られているナヴィ・バティア氏は、この考えに反対する人物の一人です。



バティア氏は『SportsNet』のルーク・フォックス氏との対談で、レナードの移籍から触れました。

 

「私は彼が正しく、賢明な決断をすると思っていたけど、彼は賢明な決断をしなかったね。彼は去ってしまった。今、彼が私の中で最も関心の無い選手だよ。私の(応援している)チームに集中しているんだ。試合の前にも後にも彼に愛情を注ぐけど、48分間はフリースローを外させるためにタオルやジャージーを回すつもりさ。全てのファンがノイズを出してくれるよ」

 

それから、レナードの背番号を永久欠番にするべきか尋ねられると、バティア氏は次のように反対しています。

 

「ないね!ちっとも考えられない。(優勝は)彼だけのおかげではないんだ。(フレッド)ヴァンブリートが居たからだ。マーク・ガソルが(ジョエル)エンビードを守ってくれたからだ。(カイル)ラウリーが思う存分プレイしてくれたからだ。たくさんの人のおかげだ。カワイだけではない。人々は彼を称賛しすぎている。彼はチームの一員なんだ」

 

たった1年間でエースとして優勝に導いたレナードの功績は、確かに称賛されるべきものがあります。

 

しかしバティア氏が言うように、ラプターズが優勝できたのは彼だけのおかげではありません。

 

レナードの1年間をどう評価するかによって、彼の背番号を永久欠番にするべきかは変わってくるでしょう。

 

ラプターズはカワイ・レナードの背番号を永久欠番にすべき?

(参考記事:Raptors superfan Nav Bhatia says Kawhi Leonard’s jersey should not be retired

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください